無料ブログはココログ

« 会社の名前がNIPPO | トップページ | 鳥取県日南町、稲積山 »

2013年11月15日 (金)

頭蓋骨を何と読むか?

某ブログで読んだのですが
http://club.japanknowledge.com/jk_blog/nihongo/index.html
----
頭蓋骨の読み方に、[ずがいこつ][とうがいこつ]二種類あるんだそうです。
ズガイコツ派:『日本国語大辞典』『岩波国語辞典』『新選国語辞典』『三省堂国語辞典』『新明解国語辞典』
トウガイコツ派:『大辞泉』『大辞林』『広辞苑』『明鏡国語辞典』  
----
医学用語では、[とうがいこつ]と読むのが普通なんだそうです。
大学の系統によっては、[ずがいこつ]と読むところがあるそうです。
そこはぜひとも、[とうがいこつ]学派と[ずがいこつ]学派を大学別に明示してもらいたいですね。

で、医者のセンセイ、世間との会話のなかで、習慣で[とうがいこつ]と言ってしまう。
世間は、あのセンセイ、[ずがいこつ]を[とうがいこつ]と言いよった、物知らずや。

世間の常識と業界の常識が違う場合、業界常識のほうが分が悪いですよねぇ。

広島ブログ

« 会社の名前がNIPPO | トップページ | 鳥取県日南町、稲積山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社の名前がNIPPO | トップページ | 鳥取県日南町、稲積山 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31