無料ブログはココログ

« 掲示板への付き纏い | トップページ | 違うくある、違うくない »

2013年11月11日 (月)

花鳥の夢

「花鳥の夢」山本兼一 文芸春秋
狩野永徳のお話しなんですよ。
狩野永徳と対比させられるのは長谷川等伯。
安部龍太郎の「等伯」を読み終えています。
狩野永徳は狩野派の中心として、常に背伸び背伸びで過ごして来ました。
父は凡庸だと軽んじて、自分の才能を誇っています。
足利将軍家、織田信長、豊臣秀吉、常に世の中心に取り入って行きます。
読めば読むほど、作中の人物に心を寄せていくものですが
気に入らない、突き放して距離を置いてしまう。
作者自身が突き放しているんだもの、読者もそうするよねぇ。
終りの直前で、永徳と等伯が火花を散らせる場面があるが、エピソードのひとつなんですよ。

読書メーター

広島ブログ

« 掲示板への付き纏い | トップページ | 違うくある、違うくない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掲示板への付き纏い | トップページ | 違うくある、違うくない »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31