無料ブログはココログ

« 代官山コールド・ケース | トップページ | 探偵・立花 潜入調査 »

2013年12月 4日 (水)

第II捜査官

「第II捜査官」安東能明 徳間書店
第II捜査官とは、あだななんです。そんな役職があるわけじゃない。
飛び抜けて有能で、こんな部下を持つと署長などのの上司は出世街道一目散。
署長と平巡査の間柄なのに、モンちゃん、カンちゃん、と呼び合っている。
内緒で呼び合っているのではなく、おおっぴらに呼び合っているから、それはないんじゃないの。
もともとは高校の物理の先生、生徒がグレタので、志して警官になったのだ。
教え子が先に警察に入っていて、巡査部長、先生、昇任試験を受けてくださいよ。
なんかメチャクチャな設定だが、アサヒ芸能連載、そう聞くと、なんでもありはしょうがないね、と思ってしまう。

読書メーター

広島ブログ

« 代官山コールド・ケース | トップページ | 探偵・立花 潜入調査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 代官山コールド・ケース | トップページ | 探偵・立花 潜入調査 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31