無料ブログはココログ

« ち、について | トップページ | びっくりしたぜ、0000 »

2013年12月 5日 (木)

香港ハイキング、大刀屻(ナイフ・エッジ)

大埔Tai Poの市街の向こうに見えている山は八仙嶺だろうな。中国国境に近いのはどっちだろう、似たような距離だろうね。
見た目、えらく遠いとげんなりしたもんだが、歩けばだんだん近づいてくるもんです。とうとう大刀屻 Tai To Yan の三角点に到着したよ。
ところがね、三角点をもって本日のハイライトというわけじゃないのだよ。ハイライトはこれからです。
行く手に、ラクダのこぶのような、恐竜の背中のような隆起が繰り返して続いているのが見える。
恐竜の背中の向こうに、大帽山が見えている。頂上は通信塔・軍隊の敷地で立入禁止、香港で一番高い山だが、フェンスで囲まれていてはしょうがない、大帽山の三角点には行けなかった。
稜線はほんまに薄い。英語名で、Knife Edge と呼ぶのが極めて納得できる。剣の刃渡りだね。
鉄の杭と鉄鎖が頼りになるよ、ほんま、風雨の時はこれにすがって進むしかないだろう。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
サワリの部分を抜書きしています。

http://sherpaland.net/report/hongkong_knife_edge.html

翌日、釣魚翁の山に登りました。
これから編集にとりかかります。
いつもよりペースが遅いでしょ。
それはね、地図が外国なので、ちょっとてこずりました。

広島ブログ

« ち、について | トップページ | びっくりしたぜ、0000 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ち、について | トップページ | びっくりしたぜ、0000 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31