無料ブログはココログ

« 落胆とはすごいね | トップページ | 伏線が回収されてない »

2013年12月28日 (土)

大江戸ドクター

「大江戸ドクター」和田はつ子 幻冬舎 幕末開港した時代の蘭医のお話しです。 虫歯を麻酔をかけて抜く、この手術からお話しは始まります。 ただの歯科医じゃなく、外科の腕は冴えています。 お話しの展開を油断して読みそこなっていたら、八丁堀の同心が手伝いにいる。 腕の立つ女医も手助けにきている。 スポンサーとして商家の主がバックアップしてくれている。 いっぱい登場人物がいりので、捕物があったり、女医の腕の冴えを見せたり、商家のなにがしかのゴタゴタガあったり、ずっと一続きのお話しじゃないのです。 絵巻物のように、主人公がひらひら変わりながらお話しは進んで行きます。 血沸き肉躍るお話しか、いいえ、それぞれ地味なお話しです。 ひとつひとつのエピソードを心ほっこりしながら読んで行く、そんな小説です。

読書メーター

広島ブログ

« 落胆とはすごいね | トップページ | 伏線が回収されてない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落胆とはすごいね | トップページ | 伏線が回収されてない »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31