無料ブログはココログ

« 脱法ハーブ | トップページ | 小田川、中流部、県境から井原市街、その3 »

2013年12月24日 (火)

意義と異議

あわてものが文字変換をろくに見もしないで、文章の意味が反対になることがあります
代表的なものに
異議なし

ここで、意義なし、とやってしまえば全否定です
前後の脈絡から、言いたいのは、異議なし、だなとわかりますがね

ちょいちょい間違うのが、山小屋へ非難した
当然、避難、の間違いです
変換の一番最初の文字を当て嵌めてしまうから、間違うのです

鬼の首でも取ったように、間違いを指摘するひとがいる
わたしは心やさしいよぉ、あぁ、まちがえたねぇ、よしよし

基本は自分自身、文字変換をあせらないこと、要はこれですよ

広島ブログ

« 脱法ハーブ | トップページ | 小田川、中流部、県境から井原市街、その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱法ハーブ | トップページ | 小田川、中流部、県境から井原市街、その3 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31