無料ブログはココログ

« 最強、最恐、最凶、最狂 | トップページ | そこを踏まえて »

2014年1月31日 (金)

小型重機

建設機械を建機といい、重機ともいいます
小さい重機のことを小型重機・ミニ重機といいます

軽重機という言い方でなくてよかったね
軽重機では、軽いのか、重いのか、わけわからない

広島ブログ

« 最強、最恐、最凶、最狂 | トップページ | そこを踏まえて »

コメント

今は某軽自動車に乗っておりまして、定員乗車での長距離(広島~新潟)も難なくこなし、燃費も良好で非常に満足しておりますが、未だに軽自動車と聞くと「軽い」「弱い」というイメージを持っている人が数多くおられることに驚きます。特に高齢者は顕著です。
実際に車重を調べてみると、ハイトワゴンで950~1050kgぐらいあって、20年ぐらい前の1500ccよりも重いことがわかります。エンジンも過給エンジンなら駆動輪計測で80馬力程度あり、20年前の計測規格に当てはめると90馬力以上となり、当時の1600cc程度に相当。全く軽くも弱くもないことがわかります。
昨今軽自動車廃止論が取り沙汰されていますが、確かに名前は変えた方がいいかもしれません。優遇税制はこのままでね

軽つながり、ということならば

軽機関銃というのがあります。見たことないけど。
機関銃とは重いのでしょうね。

それを小型にしたのか、軽くしたのか
名前をどっちにしよう
結局、軽機関銃と命名されたようです。

実物を知らんから、ネタに挙げても
身が入らない、空滑りですね。

軽といえば なんといっても軽便鉄道!

…例の「井原線」ですよ。
今でも保存展示されているという当時の蒸気機関車、見てきますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最強、最恐、最凶、最狂 | トップページ | そこを踏まえて »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31