無料ブログはココログ

« 芦田川上流部、八田原ダム、三川ダム、甲山、その3 | トップページ | 時には通信を遮断したい時もある »

2014年3月 3日 (月)

蛍の光

卒業式のシーズンなので、蛍の光を思い出しました

一番
ほたるのひかり、まどのゆき、
ふみよむつきひ、かさねつゝ、
いつしかとしも、すぎのとを、
あけてぞけさは、わかれゆく

これは理解できる、漢字で書かなくてもよく解る

二番
とまるもゆくも、かぎりとて、
かたみにおもふ、ちよろづの、
こゝろのはしを、ひとことに、
さきくとばかり、うとうなり

漢字で書くと

止まるも行くも、限りとて、
互に思ふ、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり

かたみにおもふ=互に思ふ
さきくとばかり=幸くと許り

漢字化すると、へぇぇと驚く内容です

子供の頃は
かたみにおもふとは、形見と理解していました、遺品と同義語ですね
さきくとばかりとは、先に行く、じゃあね、と思っていました

今でも、一番は同感できるが、二番にはヘンテコ感があります
三番、四番は無かったことにしてください

広島ブログ

« 芦田川上流部、八田原ダム、三川ダム、甲山、その3 | トップページ | 時には通信を遮断したい時もある »

コメント

1番でわからないのは

「いつしかとしも、すぎのとを」

漢字で書けば「杉の戸」なんですよね。
うーむ どうして杉?

三番、四番は戦後は教えてはいけないのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芦田川上流部、八田原ダム、三川ダム、甲山、その3 | トップページ | 時には通信を遮断したい時もある »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31