無料ブログはココログ

« 言い間違え、言い間違い | トップページ | 勝訴、敗訴 »

2014年3月29日 (土)

政と源

「政と源」三浦しをん 集英社
堀源二郎、有田国政、小学校からの同級生で、ずっと東京墨田区の下町に住み続けている。73歳。
源には二十歳の弟子がいて、つまみ簪の技を教えている。つまみ簪とは羽二重で作る簪のびらびら部分のことだ。
政のもとから妻が出て行って、娘夫婦のところに同居している。
頑なに連絡を取ることもしない。
源の弟子が結婚するということで、仲人を立てれば双方の親が了解するということ。
師匠の源の妻は早くから亡くなってしまった。政に仲人を頼まれる。
政は仲人を引き受けるには妻を迎え入れなければならない。
政、頑張れるか。仲人の務めがちゃんとできるか。

読書メーター

広島ブログ

« 言い間違え、言い間違い | トップページ | 勝訴、敗訴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言い間違え、言い間違い | トップページ | 勝訴、敗訴 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31