無料ブログはココログ

« 投票所でやると罪になること、ならないこと | トップページ | 来年もやろう! »

2014年4月15日 (火)

アフリカに大学をつくったサムライたち

「アフリカに大学をつくったサムライたち」荒木光弥 国際開発ジャーナル社
東アフリカ、ケニヤで、ジョモ・ケニヤッタ農工大学を軌道に乗せるまでのお話しです。
アフリカで援助の対象に教育を選んだ。
当時のケニヤの大統領がジョモ・ケニヤッタ、大統領の名前を冠にした大学を作る意図です。
京都大学工学部と岡山大学農学部が主幹となり、後に鳥取大学工学部が加わっていく。
最初は、日本の高等専門学校程度のレベルから始まりました。
教員がいない、日本の大学からの派遣だけでは足りず、JICAの青年協力隊のスタッフも教員となった。
高専程度のレベルから、カレッジまで成長し、農工大学のレベルにまで成長した。
日本に留学して、学士・博士の資格を得て、教員・教授に赴任もさせた。
農工大学内部で、大学院を設けて、学内で学士・博士を授与するまでになった。
日本の教育ソフトでの「大学づくり協力」は、タイの「モンクット王工科大学」「ジョモ・ケニヤッタ農工大学」が始まりで
現在、エジプトの「エジプト・日本科学技術大学」マレーシアの「マレーシア・日本国際工科院」が進行中だ。

なんだ、なんだ、堅苦しそうなお話しだな。
いいえ、大学を作るお話しなんぞ、そんなにあるお話しじゃありません。
躓きそうなところで道が開け、けっこうハラハラドキドキの展開もあります。
日本の明治新政府が大学を作った道筋も、こんなもんじゃなかろうか、と推測できるお話しです。

読書メーター

広島ブログ

« 投票所でやると罪になること、ならないこと | トップページ | 来年もやろう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 投票所でやると罪になること、ならないこと | トップページ | 来年もやろう! »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31