無料ブログはココログ

« ふびん | トップページ | 伯耆・備中国境を行く、桑平峠、谷田峠(自転車篇) »

2014年5月23日 (金)

イタめし

イタリア料理をイタめしと表現することがありますが
あれはたまたま運よくそう呼べたのです

アメリカ料理で、アメめし
フランス料理で、フラめし
ロシア料理で、ロシめし
インド料理で、インめし
無理に呼んでもええが、不自然でしょう

タイ料理で、タイめし、鯛飯があるから不採用
中華料理は、チュウめし、とは言わんでしょう、中華料理は中華料理

イタめしは口調がうまく馴染んだので受け入れられたが
他ではなかなかこうはいきません

広島ブログ

« ふびん | トップページ | 伯耆・備中国境を行く、桑平峠、谷田峠(自転車篇) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふびん | トップページ | 伯耆・備中国境を行く、桑平峠、谷田峠(自転車篇) »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31