無料ブログはココログ

« コンビの[じゃない]ほう | トップページ | 体調が悪い状態を言葉にすると »

2014年6月20日 (金)

バベル

「バベル」福田和代 文芸春秋
毎度おなじみ、軍事ものだと思って読み始めました。
違った、ウィルス感染のお話しだった。パンデミック=爆発感染のお話しだった。
ウィルスに侵される人が多発して、脳症を患い、言葉を失っていく。
beforeとafterの章があって、それぞれ行ったり戻ったりしながら話しは続いていく。
ウィルス感染が始まって数年後、感染者と非感染者を分離する長城が建設された。
長城の内と外との往来は禁じられた。
このお話し、ダイジェストするのが難しい。
お話しのラスト、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、そこも解らない。
どうやら、悪い企みは覆った、ということのようだ。

読書メーター

広島ブログ

« コンビの[じゃない]ほう | トップページ | 体調が悪い状態を言葉にすると »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンビの[じゃない]ほう | トップページ | 体調が悪い状態を言葉にすると »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31