無料ブログはココログ

« 店長、店主 | トップページ | アンテナショップ・タウ »

2014年6月 6日 (金)

渋谷署強行犯係 虎の尾

「渋谷署強行犯係 虎の尾」今野敏 徳間書店
渋谷署強行犯係とあるから警察小説だと思って読み始めたが、違うじゃないか。
確かに警察が素材としては出てくるが、警察は脇役、これは武道小説なのだね。
ヒーローは整体師で、沖縄空手の練達者なのだ。
沖縄から空手の師匠が訪ねてくる。
どうやら面識のない兄弟子が半グレに懲罰を与えているらしい。
その兄弟子には沖縄のヤクザから懸賞金がかかっている。
名誉と懸賞金を求めて沖縄空手の練達者が徘徊している。
沖縄弁がいっぱい出てくる。掛け試し(カキダミシー)、道場破り、野試合のことですね。
一読すれば、沖縄の空手の歴史が理解できる。

読書メーター

広島ブログ

« 店長、店主 | トップページ | アンテナショップ・タウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 店長、店主 | トップページ | アンテナショップ・タウ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31