無料ブログはココログ

« 犬走り、キャットウォーク | トップページ | コンビの[じゃない]ほう »

2014年6月18日 (水)

宮内庁病院

以下はテレビ朝日からの受け売り・コピーです。
http://www.tv-asahi.co.jp/ss/04/top/top.html

雅子さまの安産を祈願する皇室の伝統行事「着帯の儀」が行われ、皇太子殿下が見守る中、雅子さまが天皇陛下から帯を贈られたニュースが流れました。
ところで、雅子さまご懐妊から頻繁にニュースに出てくる場所があります。
それが「宮内庁病院」。
東京都千代田区千代田一丁目、皇居の東側地区にある鉄筋コンクリート2階建ての建物で、診療科目は内科、外科、産婦人科、皮膚泌尿器科、眼科、歯科、耳鼻咽喉科、放射線科の8科目となっています。
この建物は昭和39年に建てられたもので、それ以前は倉庫を改築したものを使用していたとか。
当時の建物でお生まれになった皇太子殿下は、大学時代に自己紹介で「私は皇居の中のとある倉庫で生まれました」と語ったそうです。
この病院は、皇族の診療を目的として作られたものですが、宮内庁職員などの宮内庁関係者やその家族も利用できます。
さらに、これらの関係者の紹介があれば一般の人でも利用できるのです!
タレントの二谷友里恵さんも出産6カ月前検診をこの病院で受けたそうです。
ただし病院関係者の話によると、玄関および病室は皇室用と一般用に分かれているとか。
また、1 階中央には大きな吹き抜けスペースがあり、階段手前から歯科、内科、耳鼻咽喉科、眼科などがあります。
2階は階段突き当たりに産婦人科、隣に外科、東側に一般人用の病室、半分は皇室専用の病室などが配置されています。
(以下省略)

だいぶ以前のニュースです。

へぇ、一般人でも紹介があれば受診できるのか。
ほほぅ、皇族と一般は玄関から奥まで仕切で区切ってあるのか。
それはそうだろうね。宮内庁職員の家族と皇族が同じ待合室にいるのは想像できない。

これから先は想像だけど
皇族には健康保険証はないと思うよ。戸籍、住民登録がないことだしね。
支払いは自分で払うのではなく、宮内庁会計に伝票が届くのだと思うよ。

広島ブログ

« 犬走り、キャットウォーク | トップページ | コンビの[じゃない]ほう »

コメント

こんばんは。

>東京都千代田区千代田一丁目

皇居の住所は1番地なのですかね?
ここを自分の本籍地にする人が多いと聞いたことがあります。

ウィキで調べてみました。
-----
千代田区の中央に位置する。丁目の設定はなく、全域が千代田1番街区である。おもな施設の住所表示は、宮内庁を含む皇居が1番1号、宮内庁病院が1番2号、皇宮警察本部が1番3号である。
-----
さすがに、郵便番号は100-0001です。
嘘か真か、皇居に本籍を置く人は一万人以上いるということですが
確認する方法がありません。
テレビでネタに出たことがあるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 犬走り、キャットウォーク | トップページ | コンビの[じゃない]ほう »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31