無料ブログはココログ

« 釈然としない | トップページ | 善玉、悪玉 »

2014年6月11日 (水)

忍者月輪

「忍者月輪」津本陽 中央公論新社
にんじゃがちりんとルビがあります。
がちりんという忍者がいるのではなく、ウェイ・オブ・ニンジャ・ライフを指しているようです。
伊賀忍者、萱生伝兵衛、京都所司代の村井貞勝に仕え、本能寺の変、秀吉中国大返しの時代を生きる。
忍者小説としては突き抜けております。
伝兵衛は神通力を得ています。天眼通、天耳通、他心通。
遠く離れたところが見え、遠くの話し声が聞こえ、他人の心の内が見え、心を操れる。
武田忍者の蕨手、これも神通力を得たスーパーマン、武田を見放し、伝兵衛の傘下に下る。
毛利忍者にスーパーマンがいる。彼との戦いに苦労する。
津本弁とでも言うべきか
「上さまは攻め滅ぼしかねぬお方でのん」
「一切他に漏らしはせぬだがや」
尾張弁のような上方弁のような古語のような、津本弁が心地よろしい。

読書メーター

広島ブログ

« 釈然としない | トップページ | 善玉、悪玉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釈然としない | トップページ | 善玉、悪玉 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31