無料ブログはココログ

« Google Map で、過去の不出来を修正しました | トップページ | いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) »

2014年7月24日 (木)

どうしてそんなに Google Map に拘るのか

ここんとこ Google Map の話題に集中しております。
どうしてそんなに Google Map に拘るのか、食い下がるのか、話しを逸らさないのか。
それはね、Google Map に軌跡が描ければ活用の方法があるからです。

なにも軌跡に限定しなくてもええのです。
軌跡とは無関係の箇所でもよろしい。
ペグマンを操れば、相当に面白い。
ペグマンとは、Google Map 地図上の+-のスライダーを見て下さい。
+の上に人形がいる。これがペグマンです。
ペグマンをマウスで押さえて地図上のどこかで離してください。写真のある場所で離してください。
そこからストリートビューが始まります。
ただし、車両進入禁止の道は無理です。
石見銀山の徒歩散策部分ですが、車両進入禁止で歩行者しか入れません。
そこのストリートビューはありません。
商店街のアーケードの下も無理でしょう。自動車進入禁止でしょうしね。

どこからストリートビューを始めるか。
ご自分の近所がええでしょう。
知らない場所では、今どこを進んでいるのか迷ってしまうことがあります。たいてい迷います。
よく知っている近所から始めたほうがベターです。
マウスの扱いが上達します。
現実の道を知っているから、モニターの上からでも感覚的に操れるからです。

いつの間にか、Google のカメラ積載車に自宅を撮影されていて、唖然とします。
わたしの自宅、かなりの田舎ですが、それでも Google に撮影されていてびっくりしました。
空中撮影には驚きません。広範囲のものです。写っていても不思議ではありません。
すぐ近くを Google 撮影車が通ったのには驚きです。ピンポイントで写されています。

で、Google Map に軌跡が描ければ、ポイント・ポイントで現実の写真が見えるのです。
望めば、軌跡に沿って、ストリートビューで生活・環境も見ることができるのです。
どうです? Google Map を利用しようと、手を尽くした理由が解っていただけましたか?

ご静聴、ありがとうございます (^O^)
Google Map については、語り尽くしました、もうこれ以上語ることはありません。

広島ブログ

« Google Map で、過去の不出来を修正しました | トップページ | いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) »

コメント

> 車両進入禁止の道は無理です

いえいえ、そうとも限りません。押し車やら背負いやらで著名な歩道はけっこう踏破してますよ。富士山の登山道なども頂上まで撮影されていて、登山気分を味わわせていただきました。

へぇ、そうなんですか。
自動車のルーフにやぐらを組んで360度撮影をしていると噂されていたもんで。
やるもんだなぁ。

息子が実際に自宅前で撮影車を見たと申しておりました。みんなで「ルーフに自転車積んでいるのと見間違えたんじゃないか?」と疑っておりましたが、現在の画像の1代前の画像で、見事に長男の姿が写っていました。家族みんなで「あんたは正しかった」と謝りました。

実際どんな車で撮影しているかは、カーブミラーのある場所をチェックしていると、映っていることがあります。左側はうちの町内での画像。
http://ic.photo.mixi.jp/v/d25271f1e7b167382ff441a6fee1ac718d4c8f8a7f/53d13448/picture/18567671_2074275635_236large.jpg

実際にそんな姿で撮影しまくっているんですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google Map で、過去の不出来を修正しました | トップページ | いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31