無料ブログはココログ

« ○○大学附属高校 | トップページ | お詫びするポイント »

2014年7月 7日 (月)

ラスト・コード

「ラスト・コード」堂場瞬一 中央公論新社
渋谷中央署の刑事、筒井明良、真っ直ぐすぎて警戒を買っている。
薬品会社の開発研究者が殺された。
近親者は娘だけ、アメリカの高校に留学している。
羽田に帰国して、そのアテンドを命じられた。
ホテルへの途中で、拳銃で狙撃された。カーチェイスが始まる。
筒井刑事は警察内部を怪しんで、刑事の先輩、今は私立探偵の小野寺冴を頼る。
どうやら、産業スパイが絡んでいるらしい。
中国の薬品企業集団が研究の成果を奪おうとしているらしい。
ここから路線は輻輳して行くんですよ。
外務省官邸筋の圧力でキャリアの暗躍が始まる。
一方、現場の刑事のボランティアが救けてくれる。中心に鳴沢了がいる。
なんだかねぇ、このへんの機微はよく解らんのですよ。
将棋の棋譜のような展開がある。
惚れた、はれた、は読んでいても面倒だが、滑った、転んだ、こういう話しは面白い。

読書メーター

広島ブログ

« ○○大学附属高校 | トップページ | お詫びするポイント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ○○大学附属高校 | トップページ | お詫びするポイント »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31