無料ブログはココログ

« 台湾タイペイ市の境界がヘン | トップページ | ほれたはれた、すべったころんだ »

2014年7月20日 (日)

光秀の定理(レンマ)

「光秀の定理(レンマ)」垣根涼介 角川書店
光秀は、ぼろぼろの坊主と武芸者と知り合いになる。
坊主は賭けで銭を得ている。
四つの茶碗に一つの賽ころを入れる、これを当てるのが賭けなのだ。
結局は坊主が勝つ。光秀にはその理由が判らない。
年月が過ぎて
光秀は信長に仕官し、近江の六角攻めで、長光寺城攻めを命じられる。
城へ登る道は四つ、どの道を進めば敵が少ないか。
光秀は手紙を出して、坊主に教えを乞う。
答えに従えば、敵の姿なく、安々と城を落とせた。
物語の基本は光秀の一代記なんですよ。
小道具に賭けを使っている。統計学を使っている。
垣根涼介はミステリーが出発で、「俺たちに明日はない」でええ味を出しています。
これは時代もの、武将もの、着眼点が独特で、この路線も期待できます。

読書メーター

広島ブログ

« 台湾タイペイ市の境界がヘン | トップページ | ほれたはれた、すべったころんだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾タイペイ市の境界がヘン | トップページ | ほれたはれた、すべったころんだ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31