無料ブログはココログ

« NPO | トップページ | 英国一家、ますます日本を食べる »

2014年8月29日 (金)

出雲松江、真山城址、真山

真山城三の床跡とある。このあと、二の床跡、一の床跡と続いて出てきた。確かに土木工事して平削し盛り上げている地形が見て取れる。
さんのゆかと読むのか、さんのとこと読むのか、どっちなんだろうね。
普通は三の丸、広島県では=毛利の影響下では、三の段、尼子の影響下ではこんな呼び方をするのだろうか。尼子の城跡を幾つか見たが、三の床と呼ぶのはここだけだと思うよ。
一の床では、石壇が築いてあるが、セメントの模造石じゃないか。惜しい。折角なら切石で築いてほしかった。きちんと組むより不揃いな石組みのほうが風情があるのに、惜しかったねぇ。
真山の頂上には、尼子勝久公之碑があって、顕彰してある。最後の城主なんだが、いくら抵抗しても、戦略的にも戦術的にも意味のある戦いではなかったのにね。
松江の市街地が見えている。松江しんじ湖温泉の森が見え、宍道湖の嫁ヶ島が見えている。白鹿山が邪魔をして、松江城は塞がれている。
石碑の背後に三角点がある。三角点を確認して、北の方向へ進んで行く。ここからは訪問者が減って、道幅が狭まってきている。
鳥の子山に到着、ここからは反転屈折して、進路を西に取る。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは一部分を抜書きしたものです。

http://sherpaland.net/report/shinyama.html

広島ブログ

« NPO | トップページ | 英国一家、ますます日本を食べる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NPO | トップページ | 英国一家、ますます日本を食べる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31