無料ブログはココログ

« 親戚の果ての果て | トップページ | 24時間戦えますか? »

2014年8月 2日 (土)

泣き童子(わらし)

「泣き童子(わらし)」宮部みゆき 文芸春秋
三島屋変調百物語参之続、「おそろし」「あんじゅう」に続く三作目です。
三島屋で姪のおちかが黒白の間で訪ねて来たひとのお話しを聞く、こういう段取りです。
どれも怪談なんですよ。
こんなお話しだ、と要約しにくいお話しで、そんなことするのは止めました。
怪談ばなしというのは、味、色付けが一番なんですよ。
うんと怖いのではないが、しんとするのは間違いありません。

読書メーター

広島ブログ

« 親戚の果ての果て | トップページ | 24時間戦えますか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親戚の果ての果て | トップページ | 24時間戦えますか? »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31