無料ブログはココログ

« イスラーム国 | トップページ | 361°て何だろ »

2014年9月27日 (土)

まほろ駅前狂騒曲

「まほろ駅前狂騒曲」三浦しをん 文芸春秋
ずっと前、「まほろ駅前多田便利軒」は読んでいるはずなんですよ。
思いがけなく三作目を見つけた。
上手な落語を聞いているような、豊かな読み物なんですねぇ。
悪い人は出ないのですよ、半グレのやくざの下部組織が出てくるが、その連中でも可愛い。
いや、違うな。親が宗教に溺れたら、その子は悲惨なことになる。
クライマックスは、まほろ駅前ロータリーで、市民団体のHHFAと、やくざの下部組織と、じいさんばあさんの団体が三つ巴で衝突する。
クライマックスまで、それぞれの三つが盛り上がっていくのが小説なんですよ。
読みだすと、止められなくて、1時半までかかって読み終えてしまいました。

読書メーター

広島ブログ

« イスラーム国 | トップページ | 361°て何だろ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イスラーム国 | トップページ | 361°て何だろ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31