無料ブログはココログ

« 台湾、台北の大河、淡水の河岸を往復2 | トップページ | まるまるの毬(いが) »

2014年10月26日 (日)

平蔵狩り

「平蔵狩り」逢坂剛 文芸春秋
池波正太郎の長谷川平蔵と同じシリーズです。
先に固定したイメージがあるから、後発は分が悪いよね。
平蔵そのものに新味はないが、部下はいくらでも開拓できる。
公家憲一郎、俵井小源太、今永仁兵衛、美於、りん。
それぞれ、与力であり、同心であり、手先として働いている。
オール読物連載です。連載短編で、シリーズ長編というべきか。

読書メーター

広島ブログ

« 台湾、台北の大河、淡水の河岸を往復2 | トップページ | まるまるの毬(いが) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾、台北の大河、淡水の河岸を往復2 | トップページ | まるまるの毬(いが) »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30