無料ブログはココログ

« 口入れ屋おふく 昨日みた夢 | トップページ | クレジットカードによる自動決済 »

2014年10月 7日 (火)

してやる、してあげる

自分のの子供に、おもちゃを買ってあげる、こういう言葉の用法にどうしても馴染めません。
おもちゃを買ってやる、こう言うのが正しいのだ、と常にツッコミを入れています。
身内に尊敬語はおかしいだろう、丁寧語だとしてもやはりおかしいだろう。
[してあげる]派が多数になったようです。
[してやる]派としてはとっても居心地が悪い。

とうとう、日本語文法に、敬語のカテゴリーとして
尊敬語、謙譲語、丁寧語の他に、美化語というのが追加されました。

広島ブログ

« 口入れ屋おふく 昨日みた夢 | トップページ | クレジットカードによる自動決済 »

コメント

おはようございます。
「尊敬誤」ですね・・・^^;

わはは、大賛成
イッポン!

私も「してあげる」とついつい使っている世代なのですが、
これは
尊敬語の間違い、というよりは
自分の子どもとの距離感・関係性が変化してしまった
と捉えた方が良いのではないかと思っています。

おばあちゃん、おじいちゃんも
子どもや孫が「してくれた」的なことを言っていますし、
身内、外、と厳密に分けなくなってきています。

“家”というシステムも崩れつつありますので。

そういう意味では、おかしいんだけれども、
間違いとは言い切れないのかな・・・。

そうなんですよ、[してあげる]派が大多数となりました。
だから、敬語で、美化語というカテゴリーを立てるようになりました。
言葉は流動するもので、常に変化して、落ち着きのええところを求めています。
ということは判っているのですが
置き去り感、置いて行かれ感はどうしてもあります。
世代交代ですもの、これはしょうがないことことなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口入れ屋おふく 昨日みた夢 | トップページ | クレジットカードによる自動決済 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31