無料ブログはココログ

« 外国に行くと本を読む | トップページ | ナモナキラクエン »

2014年10月28日 (火)

折り畳み自転車、折り畳んでの移動

141027_2


飛行機への預け荷物や電車への持ち込みでは輪行袋が必要ですが
自転車を畳んで100メートル200メートル程度の移動ならタイヤを転がして移動できます。
この場合での難点は階段がネック
地下鉄の階段などでは最悪です。

サドルを伸ばして、そこを握って押して行くと、腰を伸ばして動けます。
折り畳みが開いて、タイヤがハの字・逆ハの字になりやすいので、そこんとこよろしく。

自転車はカリブーというブランド名なんですが、重量が12.5キロ
山も一緒に登るとなると、ザックも大きくなるので、かさばるし、重い。
総重量が24キロでした。
飛行機の預け荷物制限は20キロです。
プラス3キロの許容範囲があって、それでも1キロ超えてます。
超過したぶん払います、と言ったら、目つぶってくれました。

それにしても、大きいザックを背中にしょって、輪行袋持って、もう片方の手にはバッグを持っている。
背中も両手も塞がっています。
だからこんな場合、輪行袋ではなく、タイヤをコロコロ転がして行きたくなるのです。

広島ブログ

« 外国に行くと本を読む | トップページ | ナモナキラクエン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外国に行くと本を読む | トップページ | ナモナキラクエン »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31