無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

一年の総まとめ

アルバムに、「1014年の回顧」をアップしました。
全部は別ページにあるので、一年間のピックアップです。

http://sherpaland.net/album/2014/2014overview.html

もうひとつ
「しぇるぱとは何者?」の「2012年からはこんな姿です」に今年のを追加しました。
去年までの様式を変更しました。

http://sherpaland.net/whosherpa2/history2.html

広島ブログ

ひとつぶひとつぶ

新しい早口言葉を思い浮かべました
う音の連続がかなり面倒なんですよ

ひとつぶひとつぶふたつぶみつぶよつぶいつつぶむつぶななつぶやつぶここのつぶとつぶとつぶ

漢字翻訳すると

一粒一粒 二粒三粒 四粒五粒 六粒七粒 八粒九粒 十粒十粒

広島ブログ

2014年12月30日 (火)

名もなき毒

「名もなき毒」宮部みゆき 幻冬舎
杉村三郎シリーズの2作目です。
老人がコンビニの紙パック飲料を飲んで死亡した。青酸カリによるものです。
杉村は殺人犯を捜すのを依頼された。押し切られたようなもので、彼の意思ではなかった。
一方、彼の職場では働かないアルバイトに悩まされていた。アルバイトは解雇した。
以来、恨まれて、職場のミネラルウォーターに睡眠薬を仕込まれ、大勢が睡眠薬で倒れた。
青酸カリ事件と解雇の恨み事件は、一挙に解決する。
そこは語りません。クライマックスだもの。
名もなき毒、毒を抱えている人間はいるもんです。
伏線で、工場跡地が宅地化している、薬品などで土壌が汚染している場合がある。
ま、この、伏線は、埋めたまんまで掘り出してはいないんですがね。

私立探偵開業に持っていかせようという意図が透けて見えますね。
第3巻で、離婚して今多コンツェルンを離れる。
杉村三郎シリーズが終わるのか、第4巻で私立探偵を開業するのか、さて、どうなんでしょうね。

シリーズ第1作の「誰か」は実業之日本社、第2作の「名もなき毒」は幻冬舎、第3作の「ペテロの葬列」は文芸春秋
出版社を転々としているんですよ。
こういうの、あるんですねぇ。どうもこのへんが不思議。

読書メーター

広島ブログ

バッチ来ぉい

本来は、少年野球の用語で
バッター、こっちへ(おいらの守備位置へ)打って来ぉい
という意味だったのですが
レイザーラモンHGが意味を捻じ曲げて使ったのだそうです
それ以来一部で混乱を生じているようです

広島ブログ

2014年12月29日 (月)

おおらか おおまか

鈴木さんは[おおらか]だ
佐藤さんは[おおまか]だ

ほんの一字の違いなのに、印象は大違いです
これでは、鈴木さんの評判は上々なのに、佐藤さんの評判はイマイチです
書き間違い、言い間違いすると、こんな結果を招くことがあります、じゅうぶん注意しましょう

広島ブログ

誰か

「誰か」宮部みゆき 実業之日本社
杉村三郎シリーズの第一作なんですよ。
今多コンツェルンの会長の娘と結婚して、一族の末端に連なっています。
第三作から読み始めた。設定のネタはすっかりバレているんですよ。
第一作から読み始めるべきだった。
会長の運転手が自転車事故で轢き殺された。犯人はわからない。
運転手の娘が会長に訴えて、会長に命じられて犯人捜しを始めることになった。
訴えの切り出しは父親の一生を本にすることだった。
当然、なぜ殺されたか探さなきゃならない。
父親には、なにやら闇がある、その闇を暴くべきかどうか。
巻末は、切ない結末でした。

読書メーター

広島ブログ

2014年12月28日 (日)

中国人民元を表すマークは¥

中国人民元、公式では元だが、紙幣の印刷は、圆、(圆=圓=円)
中国政府はいろいろおかしいが、ここもおかしい
調べて判ったのですが、元も圆も、イェン と発音するのだそうです
圆は字画が多いから、字画の少ない元を代用しているのだそうです

中国紙幣の写真はここにあります
-------
「中国の通貨と両替 - 中国バックパッカー観光旅行記」
http://beibaoke.info/rmb/rmb.php
-------
何が言いたいのか、言いたいことの焦点は、$、£、€、などの通貨のマーク
各国為替交換表では、CNY、JPY、と区分表示される
¥が中国人民元も日本円も示す通貨のマークとは知らなかったなぁ

ということは
明治政府が、両から円に通貨の名前を変えたのは、清国政府の圓を真似したからかしら
それとも
外国人と契約書・領収書などを書くとき、RYO表示ではなく、中国と同様に¥と扱われるので、現実に合わせたのかしら

広島ブログ

2014年12月27日 (土)

「傷」堂場瞬一 講談社
プロ野球の一流選手が外科医を訴えた。
膝の半月板損傷の手術で、腱を切ってしまった、医療過誤だという訴えなのだ。
外科医は行方不明になってしまった。
新米刑事は捜査しているうち、新聞記者と知り合いになってしまった。
情報交換しているうち、一緒に行動するようになってしまった。
粗筋紹介はここまで。
堂場瞬一はスポーツ小説から出発しました。
刑事もの、警察ものはお手のものです。
新聞記者の小説もたくさんあります。
なんでもこい、得意分野が三つ重なった小説です。
途中まで読んでいて、なにやら読んだことがあるような。そうです、読書記録を確認すると、読んだことのある本でした。

読書メーター

広島ブログ

しゅっとした、の、しゅっ、とは何?

イケメンの形容で、関西特有の言い方、しゅっとした、という表現があります
しゅっ、とはなに?

空気感、色、味、ひとつひとつ条件を固めてみても、無意味でしょう
突き詰めて、こういうもんだ、と固めてしまっても、なにやら違うような気がするな
橋下徹の言う「ふわっとした民意」ふわっとした、この形容が当たっているのではないかしら
しゅっ、とは、一人一人違うもので、全体で見ると、ふわっとした共通のものがあるんでしょうね

関西人にとっては、しゅっとしたとは、言わず語らずで分かるもので
関西人以外の人にすると、その空気に巻き込まれて、無抵抗に受け入れてしまいます

広島ブログ

2014年12月26日 (金)

織田三法師のその後

清州会議で、豊臣秀吉は三法師を擁立して、政権を確立しました。
で、その後、織田三法師はどうなったの? あまり小説などで書かれることもありません。

元服して、織田秀信と名乗り、岐阜城を中心にして13万石の大名となり、秀吉に仕えます。
関ヶ原の戦いでは、石田三成の陣営に参加し、負けてしまいます。
高野山に追放され、最後は病死したとか、自刃したとか、定かじゃありません。

広島ブログ

2014年12月25日 (木)

パラドックス実践 雄弁学園の教師たち

「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」門井慶喜 講談社
門井慶喜は馴染みの作家なんです。数えてみると、7冊読んでいました。
どの本も、惚れたはれたが出てこない。たとえ出ていてもそれは話しの本筋ではない。
これは、論理学、修辞学を学ぶ学校のお話しです。
雄弁学園という小中高大一貫教育の学校のお話しです。
[パラドックス実践ー高等部]
[弁論大会始末ー初等部]
[叔父さんが先生ー中等部]
[職業に向かない女ー雄弁大学]
新任の教師に生徒が試しをかける、テレポーテーションが現実に可能であることを証明せよ、海を山に、山を海に変えられることを証明せよ、ほんとうにサンタクロースがこの世にいることを証明せよ。
ちゃんと高校生を論破してギャフンと言わせてしまいます。
小学校から大学まで、ディペード、雄弁の術を研鑽するのが建学の精神です。
惚れたはれたも出てこない、スリルサスペンスも出てこない。
こんなお話しで面白いのか。ええ、ええ、面白いのです。
どう面白いのか、ちょっと語れない、それは自分で読んでみてね。

読書メーター

広島ブログ

懸吊

意味はわかりますよ、ひっかけてつるすこと
読み方がわからない
クレーンやヘリコプターの話題で出てくるのではなく、台湾のニュース翻訳で出てきた言葉です

検索してみました
[けんちょう]こう読むのだそうです

なるほど、こういうことか
釣果、この読み方も[ちょうか]と読む
というこことで、吊も釣も[ちょう]と読む

漢、唐の時代に漢字を移入した、その時に、読み方もイメージも同時に移入して来たんですね
現代中国語では、[ちょう]と読むかどうかは知りません
現代日本語では、移入した当時と同じなのか違うのか、そこも分かりません
日本での記録は丹念でしてね、当時どう発音していたのか、どこの時期に揺らいだのか、ほんとは文献があるのです
わたし、プロの学者じゃないので、そこのところは判りません

広島ブログ

2014年12月24日 (水)

ジレとはなんだ?

ジレという言葉に出合いました、なんだ、これは
ジレ=フランス語、ベスト=英語、チョッキ=日本語、なんだそうです、同じものを指す

検索して、なるほど、と理解させてくれるページを見つけた
-------------------------------------------------------------------------
【雑学】何が違うか分かりにくいファッション用語【チョッキ?ベスト?ジレ?】
http://matome.naver.jp/odai/2137894972461054701
-------------------------------------------------------------------------
ついでに、こんなものまで違いを教えてくれる

ジーンズ、ジーパン、デニム
マフラー、ショール、ストール
ファスナー、チャック、ジッパー
パンプス、サンダル、ミュール
ランニング(シャツ)、タンクトップ、ノースリーブ

広島ブログ

2014年12月23日 (火)

ペテロの葬列

「ペテロの葬列」宮部みゆき 集英社
実は、テレビドラマを見ていたんですよ。間違えて一週飛ばして、興を削がれて見るのをやめた。
本は、ずいぶん長いお話しじゃないの。10週かそこいらでドラマ化できる話しじゃないぞ。
豊田商事などの詐欺のお話し、人心を操るトレーナーのお話し、複雑でダイジェストできません。
表題の「ペテロの葬列」暗喩なんだろうが、響いてきません。わたしはクリスチャンでないから伝わらないのかなぁ。
主人公が杉村三郎、彼が主人公の小説が三篇あるんですね。知らんかった。
杉村三郎、離婚し、会社もやめるのです。
これでは、四作目があるのかしら。
遡って、一作目、二作目も読んでみたいと思います。

読書メーター

広島ブログ

大丈夫です、結構です

世代の古い人々なら、大丈夫です、とは言わずに、結構です、という言葉を使います
どっちも第一の意味は、受け入れる、ということです
本当に言いたい真意は、いりません、ということです
きっぱり断ると角が立つ、やんわり断る言葉の使い方なのです

上司の意見、取引先の要求、間違っていると判っていても、そこを跳ね返すのは難しい
曖昧な言葉ですが、先送りするにはとても便利な言葉です

ここまではマクラなんです
上に書いたことは誰もが知っている、そういうもんだ、と共通認識です

大丈夫です、は若い世代、結構です、は年かさの世代
それぞれの世代の線引きはどのあたりなのでしょうね
大丈夫ですが耳に入るようになったのはここ数年のことです
潜伏期間を加味しても、10年前くらいからでしょうか
焦点は30代、彼らが多用するのは、大丈夫です、結構です、どっちなんでしょうね

広島ブログ

2014年12月22日 (月)

大変喜んでおります

大変喜んでおります、このフレーズ、あちこちで聞くようになりました
昔々には聞かなかった言葉です、あったとしても少数派でした
どこから、だれから、始まったのか

たぶん、天皇陛下のお言葉が始まりではないでしょうか
昭和天皇のお言葉はもっと硬かった、今上天皇のお言葉です
上流の言葉を下々がまねるのは、よくあることです
たちまち、あちこちで、大変喜んでおります、と喜びの言葉があふれました

では、その前はどう言っていたか
めでたいとか、喜びにたえないとか、イベントを褒めるのが普通だったと思います

大変喜んでおりますとは、わたしが、自分が、喜んでいるわけです
話しているわたしを押し出してしゃべるのは、今までになかったことだと思います

広島ブログ

2014年12月21日 (日)

微妙

どうですか、と聞かれて、びみょう~、と答える場面をよく見ます
微妙、とはプラス評価ではないんですね
むしろ、マイナス評価なんです
まずい、とか、うまくない、へた、と答えると、挽回の余地がない
聞きようによっては、プラスともマイナスともとれるように、微妙、と答えるわけです
断定は避けながら、言外に、これはダメだよ、伝えているわけです
言ったほうも、保険をかけているわけです
場合によっては、プラス評価にすり替えることもできるわけです

日本人相手だから伝わるのですよ、そうか、微妙かぁ
外国人には通用しません

広島ブログ

2014年12月20日 (土)

非正規レジスタンス 池袋ウェストゲートパークVIII

「非正規レジスタンス 池袋ウェストゲートパークVIII」石田衣良 文芸春秋
[千川フォールアウト・マザー][池袋クリンナップス][定年ブルドッグ][非正規レジスタンス]
シングルマザー、街のごみひろい、リベンジポルノ、非正規労働者。
章ごとのタイトルと事件はこうなっています。
初めて知った。非正規レジスタンス、非正規労働者の実態はこうなっているのか。
どれもこれも救いようがないように見えるが、全部ハッピーエンドになっています。
読みながら不思議に思うのだが、Gボーイズの王様はいつまで在位を続けるんだろう。
どこの暴走族も成人するとカシラは引退して次に引き継がれるもんだが。
キング・タカシが引退すればこのシリーズは終わるのかしら。

まだ3巻ほど残っているが、連続して読んだので、ちょっと食べ飽きました。ゲップ。
もうちょっと年月を置いてから、再開することにします。

読書メーター

広島ブログ

画家、絵描き、このパターンで言うと

画家、絵描き
作家、物書き
書家、?
ここで詰まってしまった
字書き、でもない、筆書き、でもない
書家は言い換えができない、書家はやっぱり書家なんですねぇ
筆耕というのがあるが、あれは別の職業だしねぇ

広島ブログ

2014年12月19日 (金)

ペンタックスの屋上看板、あった

以前、民主党のビル看板があって、その隣にペンタックスの看板があって、それが無くなった、と書きました

あった
カメラをうんと後ろに引くと、ペンタックスの看板が見えてきます
民主党の代表選考の報道があって、また報道のカメラが戻ってきました
ただし
ネオン看板でもないし、電飾看板でもない
書き看板に変わっていました、あるいは、タイルの看板かもしれない
地味な看板に変わったけど、ペンタックスが永田町から撤退したわけではないようです

広島ブログ

2014年12月18日 (木)

ドラゴン・ティアーズー龍涙 池袋ウェストゲートパークIX

「ドラゴン・ティアーズー龍涙 池袋ウェストゲートパークIX」石田衣良 文芸春秋
[キャッチャー・オン・ザ・目白通り]
[家なき者のパレード]
[出会い系のサンタクロース]
[ドラゴン・ティアーズー龍涙]
化粧品のインチキセールス、ホームレスのあぶれ手帳、出会い系管理売春、中国人の研修生
それぞれの章のタイトルと事件の中身です。
いよいよ国際的な活躍になってきた。
トラブルシューターなんですが、ホンマに報酬をもらわない。
同級生のタカシ(ギャングのキング)もサル(ヤクザ)もちゃんと報酬・手数料を得ているのに、なんとじれったい。
たかが果物屋の店番なのに、池袋ではトラブル解決人として有名なんです。

読書メーター

広島ブログ

一般単路とは

ネットニュースで、交通事故の多発地点は
市街地では交差点、非市街地では一般単路、と報じています

一般単路とは聞かない名前だ
「道路の直線区間」であって「トンネルや橋でない場所」なんだそうです

なんだい、ただの普通の道、これを漢字で書くと、一般単路、なのかい
複路単路と分けて、擦れ違いもできない道かと思ったが、そうではなく、単なる道、の意味らしい
かえってややこしくなる、わざわざ漢字で書く必要もないような気がするのだが

広島ブログ

2014年12月17日 (水)

Gボーイズ冬戦争 池袋ウェストゲートパークVII

「Gボーイズ冬戦争 池袋ウェストゲートパークVII」石田衣良 文芸春秋
[要町テレフォンマン][詐欺師のヴィーナス][バーン・タウン・ザ・ハウス][Gボーイズ冬戦争]
振り込め詐欺、色仕掛けでの絵のセールス、連続放火、Gボーイズ内乱、これが内容です。
池袋ウェストゲートパークシリーズは水戸黄門と似ている。
最後は必ずハッピーエンド。
マコトが黄門さま、タカシが助さん、サルが格さん。
ただし、黄門さまが単独行動するのが普通で、助さん、格さんが出てくることはあまりない。
そこのところが違うかな。
もともとは雑誌連載(オール読物)だからページ数も一定で、そこは1時間で終わるテレビドラマと似たようなものか。

読書メーター

広島ブログ

メルセデス・ベンツ

一般人は、あの車をベンツと呼び
業界人は、あの車をメルセデスと呼んでいるみたい

とまぁ、ここまでは聞きかじりのお話しで
正直に言えば、本物の業界人か、業界人を装っているのか、わかりません

広島ブログ

2014年12月16日 (火)

灰色のピーターパン 池袋ウェストゲートパークVI

「灰色のピーターパン 池袋ウェストゲートパークVI」石田衣良 文芸春秋
イジメ・カツアゲ、もひとつイジメ・カツアゲ、幼児性愛、飲み屋街浄化作戦、これが四つの章の内容です。
話しの立ち上がりは悲惨で救いようのないところから始まって、最後は解決するわけです。
必ずハッピーエンドなので、途中なんぼ読みづらいお話しでも、安心して読み続けることができます。
マコトは1巻から果物屋の店番のまま、キングは最初っからキングだが、サルは違う。
1巻では、ただのチンピラでした。今は渉外部長の看板を背負っている。
ヤクザ界で順調に出世しているわけです。
1巻が1998年、この巻では2006年、時間の流れは読み物の時間と現実の時間と同じに流れているみたい。

読書メーター

広島ブログ

NGOとNPOの違い

NGOとは、ノン・ガバメント・オーガニゼーション
NPOとは、ノン・プロフィット・オーガニゼーション
両者に大差はありませんが
NGOは国際的な組織、NPOは国内での組織と言い分けているようです。

ノン・プロフィット・オーガニゼーションとは言葉通りの意味ではありません。
利益の蓄積がないと、運転資金にも事欠くし、損失が出たときのカバーもできません。
ノン・プロフィットとは、理念だ、心意気だ、そういうことなんです。

ねぇねぇ、なんでこんな講釈を垂れ始めたの?

それはね、NPOという言葉に触れて、NGOとどこが違うのか、気になったから。

広島ブログ

2014年12月15日 (月)

キラキラ商号

人の名前でキラキラネームがありますが、商号にキラキラネームはどうか、ということなんです
医者、弁護士などの商号にキラキラネームは禁じられているのか、いないのか、そこはどうなんでしょうね
たぶん、禁じられている、少なくとも、同業組合で申し合わせて自粛・禁止している、ということでお話しを進めます

正々堂々とキラキラネームを名乗る方法があります
姓名の一部を組み合わせたものですが、ただし、あまりにもストレートな名前なので、世間・業界の反感を買うかもしれません

こうふく内科医院-----香田福子
もうけ税理士事務所-----毛利啓太郎
しょうそ法律事務所-----庄司宗助
はかせ特許事務所-----博多誠一
でらっくす一級建築士事務所-----寺田久寿男

この命名で評判が高まるか、落ちるか、そこは自己判断でどうぞ、わたしは責任を負いません

広島ブログ

2014年12月14日 (日)

電子の星 池袋ウェストゲートパークIV

「電子の星 池袋ウェストゲートパークIV」石田衣良 文春文庫
先に5巻を読んで、戻って4巻を読んだわけだが、順番は別に問題はなかったみたい。
1巻ではPHSを持っていた。4巻では携帯電話に変わっている。
それなりに年月の流れには沿っているみたいだね。
[東口ラーメンライン]ラーメンのナルト
[ワルツ・フォー・ベビー]黒いキャップ
[黒いフードの夜]パイナップル
[電子の星]DVDのディスク
文中のシーンの変わりにそれぞれの章のアイコンが繰り返されるわけです。
なんでもや屋というか、ボランティアの探偵というか、頼まれては無償で探す、解決する、わけです。
それは初巻からずっと変わらない。金を貰ってもそれは経費相当分です。
売春するビルマ人の少年がいたり、バイオレンスSMショーがあったり、近寄り難いお話しの構成になりつつあります。

読書メーター

広島ブログ

はんじ けんじ べんじ

裁判官は判事、検察官は検事、弁護士は弁事とは言わない、弁護士のままです
なんででしょうね
明治政府の官尊民卑で、弁護士は弁事と称するのは許されなかったのかもしれません
今となっては、そんなのお断り、弁事などちゃんちゃらおかしい、弁護士で結構だ、こうなるでしょうね

かなり昔の上方漫才に、若井はんじけんじ、という漫才コンビがいました
もしトリオだったら、はんじけんじべんじ、と名乗ったかもしれない
惜しかったなぁ、弁事が認知されるチャンスだったのですよ

それよりも、弁理事務所、特許事務所、の弁理士、こっちのほうが弁事と名乗るかもしれません

反対意見がありましてね
今、世にあるのは、判事、検事、刑事、知事
待て待て、知事は流れが違うなぁ、略称ではなく知事が正式名称です
ハタケが偏っています、弁理士からは、あれはあの業界だけの名称と、相手にしない事も考えられます

広島ブログ

2014年12月13日 (土)

棲真寺谷から棲真寺の西山へ

果実の森→とか、西山という目印が現れてくる。
さては、目指す山の名前は西山というのだ。ネットで探しても山の名前が判らず、棲真寺の奥の山とでも仮の名前を付けようか、と思っていたところなんですよ。
どこから見て西の山か、当然、棲真寺から見て西の山ということだろうね。
ここが三番目の鉄塔、鉄塔の隣のイバラの中に三角点がある。大きめのサルトリイバラで、絡みついてくるので身をよじって上手に避けなきゃならない。
スカイアーチ展望所と小さな目印がある。どんなものか行ってみよう。
岩が突き出していて、展望はええが、危険と隣り合わせだね。眼下には広島空港大橋が見えている。そうかい、別名、スカイアーチとも言うのかい。
元の三角点、鉄塔まで戻って、来た道を引き返す。
木々の梢が邪魔で、西山の写真がどうしても撮れなかったのですよ。ここなら西山がはっきり見える。第二の鉄塔。第三の鉄塔(西山)も見えるし、オートキャンプ場(棲真寺山)も見えている。
さて、戻ろう。棲真寺まで戻ったところで小粒だった雨が本降りになってきた。急いで降りて行くことにしよう。
支谷から本谷に合流し、渡渉点、木を渡ると滑りそうで危ないな。石の上を渡った方が安全だろう。
あとはどんどん降りて行けばええ。瀑雪の滝を過ぎると、駐車場まではすぐ近いのだよ。
こんなに安全で快適な道なのに、ネットで紹介されていないのは何故なんでしょうね。
鎌倉時代から踏まれた道が棲真寺までは続いている。さらにその先、近くの水力発電所からの送電線が敷設されている、その送電線管理道を行けば安全確実なんですよ。
これではあまりに不遇すぎる。もっともっと脚光を浴びてもええ道だと思いますよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
これは、ページの最後の部分を抜書きしたものです。
興味があれば、ページの最初から読んでいただければうれしいです。

http://sherpaland.net/report/seishinji.html

広島ブログ

にし ひがし みなみ きた

[にし][ひがし]よこにこぼすなくさのつゆ[みなみ]るひとが[きた]ながるから

西東 横に零すな 臭の露 皆見る人が 穢ながるから

トイレでの貼り紙なんですがね
基本文例があって、さらに改善を重ねた作品がそれぞれのトイレで発表されております
昨日、某所で発見した貼り紙、推敲に推敲を重ねて、これはもう、完成形だと思います

惜しい
基本文例が横へ飛ばすのを重視しているから、それに引っ張られるのだが
横に飛ばす人は少ないんだよね
たいがい、上か下、特に真下を汚す人が多いんだよね

そこを踏まえて、さらに完成形が現れるのを待つことにします

広島ブログ

2014年12月12日 (金)

google map 仕様変更での後遺症の手当て

このほど、google map で仕様変更があって、大きな変化がありました。

過去にアップした google map は極端な広域地図に読み替えられてしまいました。
行動した範囲だけのはずが、日本では瀬戸内海を含んだ中国地方全体の姿に変わってしまい
台湾は台湾島の半分まで地図が広域になり、香港は大きく中国大陸まで取り込んだ地図で表現されています。
ピンポイントで【ここ】、と指差しているのに、こんな広域地図ではどうにも間抜けに見える。
わたしの意図とは大幅に違っている。

しゃぁない、現実に合うように修正しなきゃならんな。
十数年前から始めたのなら件数が多過ぎるが
google map を利用しているのは去年と今年のぶんだけです。
登山篇で48件、自転車篇で47件
あらためて、新しい google map にログを展開し、新しい軌跡を描き直しました。
登山篇から先に差し替えし、自転車篇は続いてアップ終了しました。
今となっては、差し替え以前の地図がどれだけ広域地図だったのか、そこはすっかり塗り替えました。
繰り返し、繰り返し、同じ動作段取りを重ねて、100篇近いファイルを書き直しました。
どこまでやったか混乱したり、ネットで出来栄えを確認すると間違えていたり、おおドタバタでした。

今回は、なんとかリカバーできました。
この先5年もすると、また大きな仕様変更があるんじゃなかろうか。
その場合、リカバーできるかどうか、数が多過ぎて、恐らくできないでしょうね。

よそ様のネットソースをただ遣いしているんですものね
無料で使わせてもらっているんだもの、文句が言える立場じゃないのはよく判っています。
それでもね、google map の設計者のかた、一言物申したいよ。
ユーザーだって、新しい仕様に添おうと、けっこう苦労しているんですよ。

広島ブログ

2014年12月11日 (木)

はぐる

「プリントをはぐって3ページ目を見て下さい」

おぅ、懐かしいな、[はぐる]という言葉を使う人がまだいるのかい
[はぐる]は、全国共通語で言えば、[めくる]とほぼ同じ言葉です
[はぐる]は知らなくても[剥ぐ]は知っているでしょう
[はぐる]と[はぐ]は似ているようでちょっと違う
それでも、[はぐ]を知っているなら、全国どこの人でも、[はぐる]は類推できるでしょう

広島ブログ

2014年12月10日 (水)

三次市民ホール、きりり

新しく三次市民ホールが完成しました。
愛称として、きりり、という名称になりました。
ええ名前だと思います。

ただ、ちょっと

口を開けて発音してみてください。
きぃりぃり、あるいは、きっりっり
どうしても、3音節ではなく、5音節で発音しないと伝えられません。
イ音の連続だから苦しいのです。
きぃりぃり、でもよろしい、きっりっり、でもよろしい。
しっかりと唇を横に引いて、歯をむき出して発音しましょう。

広島ブログ

2014年12月 9日 (火)

沼田(ぬた)川下流域、河口まで(自転車篇)

ここんとこ、自転車は鳥取・島根を転がしていました。雪の季節を迎え、山陰は自転車には不向きだなぁ。瀬戸内海沿岸に転進しよう。
川沿いに進むのを得意にしているんだが、沼田(ぬた)川はまだ攻略していなかった。沼田(ぬた)川に行くとしよう。
三原市本郷のショッピングセンターに寄る。ここの駐車場を拝借させてね。帰りには、買い物するからね。
下流に行こう。本郷橋を渡らず、右岸をそのまま下って行く。いくつかの堰を越える度に段々と川幅が広がっているように思えてくるね。
左側が沼田(ぬた)川、堤防の右側には天井川という名前の川が寄り添って流れている。忠海から北に向かって、天井川に沿って自転車を走らせたことがある。
天井川をストレートに沼田(ぬた)川へ放流しないのだよ。しばらく並行して流して、水位が馴染んだのを見計らって放流するのだろうね。
ここで天井川を渡る。堤防はしばらくは川を分けているが、この下流で消滅してしまっている。
三原大橋、沼田大橋があって、沼田大橋からは川から離れて進む。川沿いには三菱重工三原の工場があって、川辺は工場敷地で立ち入ることができない。

編集が終わりました。新しいページをアップしております。
これは、出だしの部分を抜書きしたものです。
この続きは、ネットでご覧ください。

http://sherpaland.net/bike/2014/bike-141208-nuta_rv_karyu/bike-141208-nuta_rv_karyu.html

広島ブログ

グーグルのロゴ

かっては、グーグルのトップページを開くと
グーグルのロゴが季節に応じて、毎日の記念日イベントに沿って
その日その日のロゴが変化したもんです

気が付くと、もうそんな遊びはなくなってしまいました
正式なグーグルロゴがあるだけです
不意に出現する場合もあるんですよ、でも、続かない
出るのが珍しいから値打ちがあるのかなぁ

広島ブログ

2014年12月 8日 (月)

最強(かも?)の早口言葉

赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ

ちゃんと言葉に出して、三べん言ってみて
つっかえずにちゃんと言えたら、たいしたもんだ

広島ブログ

2014年12月 7日 (日)

反自殺クラブー池袋ウェストゲートパークVー

「反自殺クラブー池袋ウェストゲートパークVー」石田衣良 文芸春秋
[スカウトマンズ・ブルース]女の子を風俗に誘い込む男たち
[伝説の星]往年のヒット歌手と地面師
[死に至る玩具]ヒット商品の人形は中国の劣悪な工場で作られている
[反自殺クラブ]自殺を誘うネットの主催者を潰す
だんだんと、なにも池袋でなくても、というお話しが出始めたなぁ。
最後の[反自殺クラブ]などは、池袋から離れたお話しだもの。
最後のは、タカシもGボーイズも出てこない、出る必要もない。
ほんとは、先に4巻を読まなきゃいけないのだが、都合で、5巻を先に読みました。

読書メーター

広島ブログ

逃亡者≠The Fugitive

うんと大昔、テレビドラマで「逃亡者」というのがありました。
タイトルが出ると同時に、ザ・ヒュージティヴと音声が入ります。
ははぁ、逃亡者とはヒュージティヴなんだなと理解していました。

[つれづれなるモナカ]→[ありえないCM]
http://clubmonaka.blog9.fc2.com/blog-entry-2889.html
ここのブログで使用例を発見しました。

The Fugitive File
この用法からすると、指名手配と理解すべきじゃないのか。

Fugitive が[逃亡する]という翻訳だとしても
用法としては[指名手配]として使われているようです。

Fugitive と Wanted がどう違うかは、いずれそのうち調べてみます。

広島ブログ

2014年12月 6日 (土)

キング誕生ー池袋ウェストゲートパーク青春篇ー

「キング誕生ー池袋ウェストゲートパーク青春篇ー」石田衣良 文春文庫
池袋ウェストゲートパークの番外篇です。1巻より前の時代のお話しです。
シリーズ最新刊で、文庫本書下ろしです。
マコトもタカシもまだ高校2年生、1年生かもしれない。
池袋の悪ガキ少年どもをタカシの兄のタケシが統一した。
Gボーイズと名前を付けた。
兄のタケシが殺された。
池袋の悪ガキの中でタケシに歯向かうやつが埼玉のグループと結んでタケシを殺したのだ。
タカシは仇を取った。殺したのではない、のしただけだ。
Gボーイズはタカシが率いることになった。
今までのボスの呼称はキングに変わった。
まだ怪物になっていない時代は可愛いなぁ。

読書メーター

広島ブログ

サイクルショップ、リサイクルショップ

サイクルショップが自転車屋で
リサイクルショップが中古屋

さて、そこでだ
新品の自転車と中古の自転車を一緒に売っていたら
その店は、サイクルショップであり、リサイクルショップでもある

それがどうした、その通りじゃん

いやまぁそうなんだけどね
なんだい、笑えよ、冗談の通じないひとだ

広島ブログ

2014年12月 5日 (金)

骨音ー池袋ウェストゲートパークIIIー

真島誠(マコト)は成長していった。
第1巻では工業高校を出てまもなくの少年だった。
今は、二十歳を越えている。もう少年法が適用される年齢ではない。
果物屋の店番を手伝い、無料の探偵をやっている。池袋のトラブルシューターなのだ。
1巻からあることなのだが、段落ごとにロゴがある。そのロゴは章ごとの焦点を示しているのだ。
[骨音]骸骨
[西一番街テイクアウト]本
[キミドリの神様]蛙
[西口ミッドサマー狂乱]蛇
1巻での感想で、ろくでもないやつどもだが、段々と共感を覚える、と書いた。
今は、共感などない。わたしとは繋がるものがない。

地図を広げてみた。
西池袋公園は実際存在する。これが池袋西口公園なんだろうね。
近所には、池袋署、東武デパート、東京芸術劇場、本の中の建物がありますねぇ。
わたしも東京は知らないわけではないが、池袋には行ったことがない。
ふぅん、池袋とはここに書いてあるような街なのか。

読書メーター

広島ブログ

駐車違反のキップ

昔々のことを思い出したんですが
駐車違反でキップを切られたことがあります
フロントガラスにワッペンが貼ってあった
裏が粘着シールでべったり貼ってあった
腹立ちまぎれにクシャクシャと丸めて捨てたが、それで済むわけはなかった
ハガキが来て、警察署に出頭するしかありませんでした

質問:切符はどうしました
答え:クシャクシャと丸めて捨てました
怒られたが、公文書破棄などの駐車違反以上の罪には問われませんでした

粘着シール方式で食らったのはその1件だけ
以来、バックミラーに手錠のような器具が付けられるようになり
警察に出頭しなきゃ外れない方式に変わりました

広島ブログ

2014年12月 4日 (木)

少年計数器ー池袋ウェストゲートパークII

「少年計数器ー池袋ウェストゲートパークII」石田衣良 文芸春秋
知らなかったけど、池袋ウェストゲートパークはシリーズなんですね。これはシリーズ2。
工業高校を卒業して未成年のマコト、はたちを過ぎるとこのシリーズは終わるのだろうか。
お話しは、マコトの思い・つぶやきで進められる。全部モノローグ。
[妖精の庭]ネット上でののぞき部屋での女の子、ストーカー退治のお話し。
[少年計数器]ヤクザの息子が誘拐された、それを取り戻すお話し。
[銀十字]池袋界隈でひったくりが多発している、犯人を摘発するお話し。
[水の中の目]裏営業の風俗店が頻繁に襲撃される、犯人を捕まえるお話し。

読書メーター

広島ブログ

やって来たメールを慎重審議

2014/09/04 にやってきた、ANAマイレージクラブからのメールなんですがね
従来のパスワードは4桁なので2014年12月4日から無効にします
新しいパスワードを、英文字(大小)と数字の組み合わせ8桁以上16桁以下で登録してください
こういう内容のメールです

偽のなりすましメールかもしれない、データが盗まれるかも
慎重審議でもまく、ただただ、ほったらかしにしていました
期限が切ってあります、2014年12月3日まで

今日、決心しなきゃならんな、えい、踏み出してみよう
新しいパスワードを登録しました

検索して、ANA公式ホームページに入ってみました

会員番号、新パスワード、ちゃんと有効になっていて、テストテストはOKでした
どうやら、3ヶ月前のメールは偽メールではなく、本物のメールだったわけです

真偽の判定は難しいもんですね
今回は本物だったが、これがなりすましではない保証はどこにもないのですからね

広島ブログ

2014年12月 3日 (水)

池袋ウェストゲートパーク

「池袋ウェストゲートパーク」石田衣良 文芸春秋
池袋ウェストゲートパークとは何のなのか、池袋西口公園なのです。そのまんまじゃん。
ろくでもない若者たちのお話しなんですよ。
池袋西口公園にたむろして、ナンパにはげみ、のらくらしている。
読み始めは、やつらに感情移入していなかった。なんだ、こいつら。
段々、馴染んできて、同じ目線で読むようになっている。
GボーイズとRエンジェルズの抗争が始まる。
ま、そのへんのことは語らない。
もともとは、オール読物の連載中編なんですよ。
あんな雑誌でウケルとは、ろくでもない若者たちにも愛情を持つ層がけっこういるんだね。
石田衣良=いしだ・いら

読書メーター

広島ブログ

スパムメールが減りました

最近、ここ数ヶ月のことですが
スパムメールが減りました
別に手を施しているわけでもないのですがね

メールチェックをして、一本もメールが来ていないのも寂しいもんです

広島ブログ

2014年12月 2日 (火)

喝采

「喝采」藤田宜永 早川書房
映画製作にまつわるお話しであること、巻末で、NHK紅白歌合戦でちあきなおみが喝采を歌っているテレビを眺めている、それが題名が喝采である理由です。
母を探してほしい、という依頼者が現れる。
父が亡くなって、父の探偵事務所を引き継いだのだ。
父は銀行の現金輸送車襲撃事件を追いかけていた。明らかにできないまま死んでしまったのだ。
母の名前は神納絵利香、神納絵利香は死体で見つかった。
映画全盛時代の女優、神納絵利香のライバルの福森里美が浮かんできた。
どうやら現金輸送車から盗まれた金は映画製作の資金に使われているらしい。
これ以上、お話しをなぞるのは止めにします。

1974年を舞台にしたお話しです。
ちあきなおみの喝采、佐藤内閣から田中内閣へ引き継ぎ、今から40年前のお話しです。
東京の繁華街のスポットが出てくるが、今は何々に変わっている、と注釈がある。
わたしら世代なら判るけど、今の若者世代にはピンとこないだろうなぁ。

読書メーター

広島ブログ

冬のタイヤに替えました

天気予報で雪だるまマークが連日並んでいます
これはいかん
昨日、冬のタイヤに替えました
小雨が降っていても、合間合間を見計らって替えました

今朝起きてみると、屋根にうっすらと雪が積もっています
おぅ、ぎりぎりセーフ

広島ブログ

2014年12月 1日 (月)

11月に読んだ本

2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2378ページ
ナイス数:61ナイス

アンダーカバー 秘密調査アンダーカバー 秘密調査感想
IT業界の若い社長、戸鹿野はヘロインを大量に保持しているという容疑でフィリピン警察に逮捕された。無実の罪を訴えても効果なく、25年の懲役の判決が下った。会社は倒産し、株主代表訴訟で訴えられ、丸裸になった。獄中から真犯人を指名して、無実を証明し、釈放される。復讐を志す。一方、ジャッドはイギリスの警察からユーロインターポールへ出向を命じられた。イタリアからスペイン、トルコと麻薬を追って行く。この二つが入り混じりながらお話しが進んで行く。ええ、両方が関係するお話しなんです。片方だけでも面白いのに、どっちのお話し
読了日:11月21日 著者:真保裕一
キシャツーキシャツー感想
ここ北海道ではキシャツーは汽車通、電車通でも汽車通。同じ高校に通っている三年生二年生、電車の席から話しは始まる。海岸にテントを張っているのが見える。誰だろう、行ってみようか。東京の高校生だった。ここに来たのは姉を探すためだった。両親が再婚した、お互いに連れ子で結婚した。姉弟になった。母が亡くなって、姉は家を出た。その姉を探しに来たのだ。これからの展開は、予想した通りに運んで行く。それでええのだよ。わたしは、中学生高校生のお話しを読むのが好きです。おおむね、汚いお話しが展開することはない。ここでも、明るく未
読了日:11月14日 著者:小路幸也
K2 池袋署刑事課 神崎・黒木K2 池袋署刑事課 神崎・黒木感想
初作の「再会」以来、密かにひいきしている作家です。場所は池袋署、神崎・黒木は同期で、仲が良い。神崎は真面目一方、黒木は要領が良くて、ちゃんと成績も上げている。猿の盗難事件、柔道が取り柄の警官が民間人に暴行した事件、住居に幽霊が出る事件、警察学校での事件、あとは省略します。こんなのを並べると、緩いお話しだと思うでしょう。5話まではバカ話しを展開しています。6話、7話は連続しています。黒木には秘密がある。その秘密はここでは明かさないが、ほぉ、ええ話しや。緩いお話しを並べて、最後に感動的なお話しで締める。よく出
読了日:11月12日 著者:横関大
雨の狩人雨の狩人感想
刑事対ヤクザの戦いです。ヤクザの周辺のシロウトが殺された。最近のシロウトのほうがたちが悪い。ヤクザは暴排法の対象になるが、シロウトは対象にならない。捜査を続けて行くうち、新宿歌舞伎町でカジノを設置する計画があるのを探る。ヤクザが生き延びるため、密かに潜行している計画なのだ。警察の中で、逮捕裁判を経ずに自分で制裁をしてしまう単独者がいることがわかってくる。あとは一挙にカタストロフィに突入です。大勢出てくるので、誰が誰やら分からなくなります。巻頭に、人物相関図はありません。ま、そこが傷だが、一挙に読めて面白
読了日:11月10日 著者:大沢在昌
大好きなニッポン、恥ずかしいニッポン大好きなニッポン、恥ずかしいニッポン感想
すごいぞニッポン、大好きなニッポン、こんなに違うぞ母国とニッポン、恥ずかしいニッポン、縮むニッポン、私たちがソーリなら、このような章立てです。著者の友人知人、取引先から聞き取ったことがらを並べてあります。ひとつひとつは、どこかで聞いた、読んだ内容と似たようなもんです。ま、並の本かなぁ。
読了日:11月7日 著者:吉村克己
破綻する中国、繁栄する日本破綻する中国、繁栄する日本感想
章立ては、[迷走する中国][日本に屈服するか中国][揺らぐ中国国内][国際常識を逸脱した国家][シェール革命で勢力地図が塗り替わる][繁栄する日本][21世紀中に共産主義と民族主義は消滅する]それぞれの章は極めてマトモで納得できるお話しです。驚いたこと中国人民軍を中国共産党はコントロール出来ていない。勝手に暴走する傾向があります。習近平はコントロールに手を付け、シャドーバンキングを普通銀行化することで、軍高官を従わせることに成功した。軍の高官がシャドーバンキングを設立し経営しているからです。そのシャドーバ
読了日:11月5日 著者:長谷川慶太郎
水底の棘 法医昆虫学捜査官水底の棘 法医昆虫学捜査官感想
法医昆虫学捜査官シリーズで、「147ヘルツの警鐘」「シンクロニシティ」に続く三作目です。川の中の中州で死体を発見した。遺体は食い荒らされていて、身元は確定できない。夏のハエと冬のハエが同時に発見されて、発生時期から遺体の漂着の日時が判る。そこは昆虫学者と法医学者を同時に兼ねるヒロインの見せ場でもあります。遺体の食い荒らされようは、昆虫の仕業を越えている。海から漂着した遺体だから節足動物を考慮する。エビ、カニ、シャコの類。ここから海の探索が始まる。題名の「水底の棘」ゴカイの仲間でウミケムシという肉食動物が
読了日:11月1日 著者:川瀬七緒

読書メーター

広島ブログ

ペンタックスの屋上看板

民主党の屋上看板が写されるたび、背後にペンタックスの看板が見えるのが通常でした。
気が付くと、民主党の看板の後ろにペンタックスの看板がありません。
ペンタックスは業績が悪化し、HOYAの子会社になり、さらにリコーに転売されました。
そんな事情で
ペンタックスの本社が移転し、看板が消えたのだろうと推測されます。
-----------
2012-10-16 00:39:50
消えたPENTAXのロゴ☆洋画家 寺田竹雄作 モザイク「躍進」(三宅坂ビル)
http://ameblo.jp/sakime/entry-11378944949.html
-----------
おおむね、この時期の頃にペンタックスの看板は消えたのでしょうね。

広島ブログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31