無料ブログはココログ

« 懸吊 | トップページ | 織田三法師のその後 »

2014年12月25日 (木)

パラドックス実践 雄弁学園の教師たち

「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」門井慶喜 講談社
門井慶喜は馴染みの作家なんです。数えてみると、7冊読んでいました。
どの本も、惚れたはれたが出てこない。たとえ出ていてもそれは話しの本筋ではない。
これは、論理学、修辞学を学ぶ学校のお話しです。
雄弁学園という小中高大一貫教育の学校のお話しです。
[パラドックス実践ー高等部]
[弁論大会始末ー初等部]
[叔父さんが先生ー中等部]
[職業に向かない女ー雄弁大学]
新任の教師に生徒が試しをかける、テレポーテーションが現実に可能であることを証明せよ、海を山に、山を海に変えられることを証明せよ、ほんとうにサンタクロースがこの世にいることを証明せよ。
ちゃんと高校生を論破してギャフンと言わせてしまいます。
小学校から大学まで、ディペード、雄弁の術を研鑽するのが建学の精神です。
惚れたはれたも出てこない、スリルサスペンスも出てこない。
こんなお話しで面白いのか。ええ、ええ、面白いのです。
どう面白いのか、ちょっと語れない、それは自分で読んでみてね。

読書メーター

広島ブログ

« 懸吊 | トップページ | 織田三法師のその後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懸吊 | トップページ | 織田三法師のその後 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30