無料ブログはココログ

« タメ口 | トップページ | レバノンへ旅行しますか »

2015年2月 5日 (木)

売国

「売国」真山仁 文芸春秋
お話しに二つの流れがあります。
一方は、検察庁、特捜検事に抜擢されて、捜査を指揮します。
もう一方は、日本の宇宙開発、種子島じゃないほうの大隅半島の内之浦基地、そこからお話しが始まります。
アメリカの陰謀があって、アメリカに絡み取られてた政治家、財界人がなんぼでもいます。
学者の世界でも同じこと、アメリカに気脈を通じている科学者がなんぼでもいます。
表面に見えているのは、検察の動き、宇宙開発がアメリカに統合されつつある動きばかりです。
カウンターパートのアメリカの動きなどは書いてもありません。
八割がたまでページをかけて、一挙に収束に向かって行きます。
そこはここでは書かない、読んでくれなくちゃ。
盛り上げておいて、急転直下、一挙に終幕、もうちょっとページ数を割いてくれないかねぇ。
週刊文春連載でした。

読書メーター

広島ブログ

« タメ口 | トップページ | レバノンへ旅行しますか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タメ口 | トップページ | レバノンへ旅行しますか »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31