無料ブログはココログ

« そらみみ | トップページ | はぶてる、ふてる »

2015年2月15日 (日)

壁と孔雀

「壁と孔雀」小路幸也 早川書房
主人公の名前が土壁、土壁には出合った人間を動物に見立てる癖がある。
異父弟に出会った、その子の印象は孔雀のようだ。
だから、題名が壁と孔雀。
土壁は警視庁警備部SPに所属する。警護する大臣が襲われて、自分を盾にして大臣を救った。
ピストルの弾丸は脚の骨を砕いた。リハビリに専念する。
暇を持て余すので、亡くなった母の墓に参ることにする。
母の里は北海道の奥地、戊辰戦争で破れた篠太藩は藩主ごと蝦夷地に移った。
母はその篠太家の出なのだ。
母は離婚して篠太家に戻った。弟を産んで、池で溺れて死んだ。
墓参に来て、始めて弟がいるのを知った。
物語の始まりはここまでを紹介しておきましょう。
ここからの展開は複雑で、次々にページをめくりたくなります。

読書メーター

広島ブログ

« そらみみ | トップページ | はぶてる、ふてる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そらみみ | トップページ | はぶてる、ふてる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31