無料ブログはココログ

« 棲真寺谷から棲真寺の西山へ2 | トップページ | とぅかっちり »

2015年3月18日 (水)

どっとはらい

物語りの締めの文句、語り納め
めでたしめでたし、と同じ用法

どっとはらい、どんどはれ、とっぴんぱらり、などなど
これらは東北地方の採取例です

昔まっこう、もともとは、昔は斯くのごとし、の言葉の崩れなんだそうです
中国・四国地方の採取例ということだが、わたしは知りません
わたしの幼児期にはなかった、早い時代に消えたのだろうなぁ

そうそう、ついでなんだが
万城目学の「とっぴんぱらりの風太郎」を読んだことがあります
意味不明の題名だなぁと思っていたが
へぇぇ、とっぴんぱらりの由来はここにあったのか
去年の10月に読んで、今になって題名の意味合いが理解できました

もひとつ、ついで
どんどはれ、2007年NHK朝の連続テレビ小説に、「どんど晴れ」がありました
これも今になって、ははぁ、そういう含みだったのか、やっと心当たりしております

広島ブログ

« 棲真寺谷から棲真寺の西山へ2 | トップページ | とぅかっちり »

コメント

私の生まれ、
高知県では
「むかしまっこう さるまっこう さるのおしりは まっかっか」
と、むかしまっこうの後に尾ひれをつけて締めます。

とはいえ、私も小学生の時に、
高知県の民話の会みたいな方に紙芝居をして頂いた時に初めて聞いた程度ですけれど・・・。

なるほど、むかしまっこう、あるんですねぇ
廃れたように見えても、命脈が尽きているわけじゃないのですね
イベントなどでもう一度命が吹き込まれることもあるんですね

パソコン用法にしたら,「.harai」ですかね?^^;

にこっ (o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棲真寺谷から棲真寺の西山へ2 | トップページ | とぅかっちり »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30