無料ブログはココログ

« たいたん | トップページ | 外国からの目線での日本事情 »

2015年4月 7日 (火)

紅けむり

「紅けむり」山本一力 双葉社
江戸の焼物問屋伊万里屋に商品の横流しを企む者がいて、
一方、伊万里は積み出し港、焼き物産地は有田で、窯は皿山にある。
越中五箇山から煙硝造りの技が皿山に流出した。
その皿山で作った煙硝を江戸まで運び込む。
それを阻止し、一味を退治するのが隠密の仕事。
江戸と皿山を織り交ぜながら話しが進むので、今どっちのお話し、こんがらかることもあります。

隠密の吟味拷問、悪党のいたぶり、描写が生々しくて、そこは読むのが辛い。
山本一力、こんなにえげつない書き方はしない作家だったのに。
清々しい山本一力から荒々しい山本一力に変わったようです。

読書メーター

広島ブログ

« たいたん | トップページ | 外国からの目線での日本事情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たいたん | トップページ | 外国からの目線での日本事情 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31