無料ブログはココログ

« 小冊子の様々な言い方 | トップページ | 売春、買春 »

2015年4月12日 (日)

雲南の低山、磨石(とぎし)山、くのじ山

ここが磨石(とぎし)山、とぎし城址でもある。看板によると、ここの城主は情勢の見極めに失敗したのだ。尼子に挑んで滅亡したのだ。
幡屋三山が見えている。幡屋三山とは、宍道湖から最初の山列なのですよ。宍道湖側から見て、最初の障壁なのだ。湖岸からのランドマークなんだよね。
「島根県幡屋三山、馬鞍山、大平山、八重山」2007年7月31日に登っています。
城址の工事跡がありありと見える。頂上広場から一歩降りてみる。壁が立ち塞がっていて攻め難い、守り易い。掘って運んで築き上げるには、土木工事に大勢の人数を要したことだろうね。
引き返そう。
谷向こうにアズマヤが見えている。あれがくのじの展望台なんだろうね。
滑った。雨上がりの斜面なので足を持って行かれた。左手を突いて支えたが、手首を痛めたみたい。帰ってから、湿布して、包帯でガチガチに固めて、日にち薬、治るのを待っております。
下に降りて、池を上流から覗く。前々から考えているんだが、池の堤側、池の上流端、池の頭、池の尻とは、それぞれどっちのことを言うんだろう。
分岐のところまで戻ってきた。ここからは舗装路を歩いて蓮花寺に向かう。
ここが蓮花寺、曹洞宗です。途中で寺の宗旨が変わったのじゃないかしら。参道の石龕せきがんには四国88か所の寺名があって、真言宗なら当然のことだが、曹洞宗とは似つかわしくない。
寺の背後、駐車場の片隅からくのじ展望台への道がある。整備されたええ道です。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。
全体の姿は、下のリンクを踏んで訪問してみてください。

http://sherpaland.net/report/togishi_ym.html

広島ブログ

« 小冊子の様々な言い方 | トップページ | 売春、買春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小冊子の様々な言い方 | トップページ | 売春、買春 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31