無料ブログはココログ

« ぼこるの語釈 | トップページ | ドン・キホーテ、ドンキ・ホーテ »

2015年5月12日 (火)

探偵・立花 帰り来ぬ青春

「探偵・立花 帰り来ぬ青春」藤田宜永 双葉社
探偵・立花もフランスに住んでいた青春があった。
そのフランス時代の旧友が長野の別荘で亡くなった。
警察は自殺と判断したが、娘の依頼で、本当に自殺なのか、調査することを依頼された。
ここから話しが面倒になってくるんですよ。
立花も拳銃で襲撃される。
事務所でも襲撃される。
どうやら化石が絡むことが判ってくる。
東欧マフィアが関係していることが判って来た。
途中はお話しの筋が読めないことがあります。
この登場人物は誰なのか、どんな関係なのか理解できずに読み続けることがあります。
探偵・立花シリーズもこれで5冊目、どれだけ読んでいるか。
探偵・竹花 ボディ・ピアスの少女
探偵・竹花 失踪調査
探偵・竹花 再会の街
探偵・竹花 孤独の絆
探偵・竹花 潜入調査
たぶん、3作目から読んでいるはず。
前作、潜入調査では地方へ出張の短編集でした。やっぱり東京が舞台の方がええね。

読書メーター

広島ブログ

« ぼこるの語釈 | トップページ | ドン・キホーテ、ドンキ・ホーテ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼこるの語釈 | トップページ | ドン・キホーテ、ドンキ・ホーテ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31