無料ブログはココログ

« 大峰山(三原)、これで3回目 | トップページ | エコノミークラス症候群 »

2015年5月 1日 (金)

作詞家と作曲家はどっちがエライのか

曲にはアレンジがあります
アレンジが過ぎて、これは別の曲ではないかい、と思えるものもあります
作詞にはアレンジはありません
川内康範と森進一のバトルのように、作詞に手を付ける歌手はいません
なんででしょうね、作詞もアレンジしてみればええのに
作曲をいじるのは共通認識だが、作詞をいじるのにはタブーがあるのでしょうかね
作曲家のほうがエライだろうと思っていましたが
案外、作詞家の方が横柄・権高でエライのかもしれません

シンガーソングライターならば、一人三役なんだから
作詞をいじることに何の制約もないのだから、やってみればええのに

広島ブログ

« 大峰山(三原)、これで3回目 | トップページ | エコノミークラス症候群 »

コメント

替え歌というのもありますよ!

あ、なるほど
なんぼ作詞家としては不本意だろうと、自然発生的に流布するものは止めようがありませんね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大峰山(三原)、これで3回目 | トップページ | エコノミークラス症候群 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31