無料ブログはココログ

« もしもわたしのPCが汚染されたら | トップページ | 自転車交通違反講習会 »

2015年6月26日 (金)

神坐す山の物語

「神坐す山の物語」浅田次郎 双葉社
かみいますやまのものがたり、そう読み下してください。
時代は戦争が終わった頃、東京郊外の御嶽神社の神主一家のお話しです。
祖父祖母の話も出てくるから、明治大正の時代にまで遡るお話しもあります。
みんな霊にまつわるお話しです。
神社には幽霊は出てこないが、御霊は普通にある場所です。
ちょっと読みにくい、2ページめくっては本を閉じ、また2ページめくっては本を閉じる。
現代のお話しなら成り立たないようなお話しが、終戦後、明治大正の頃なら、あっただろうな、と思わせる時代です。
七編の短編集です。ひとつひとつが極めて読みにくい。流し読みしにくい語り口です。

読書メーター

広島ブログ

« もしもわたしのPCが汚染されたら | トップページ | 自転車交通違反講習会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしもわたしのPCが汚染されたら | トップページ | 自転車交通違反講習会 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31