無料ブログはココログ

« しぇるぱ風土記の入れ替え完成 | トップページ | 出雲海岸、稲佐の浜からキララ多伎の浜 »

2015年6月18日 (木)

みたいな=なんちゃって

ここんとこ、[みたいな]の多用が目に付きます。
聞いてて、一番頻発するのが、中国放送の道盛アナウンサー、ラジオ番組で連発しています。

りんごみたいな、肌すべすべみたいな、このような物の形容とは違いますよ。
何かのフレーズを述べて、みたいな、とはぐらかすのです。
その何かのフレーズを肯定しているのか、否定しているのか、定かじゃないのです。
言い切っていないところがミソなんです。話しの展開によって、どっちでも合わせるのが簡単なんです。

ひところ、[なんちゃって]が流行った時期がありました。
とりあえず言っておいて、なんちゃってと翻す。翻しても、内容は耳に残っている。
ずるい手だ、無責任だ、と下火になりました。

[みたいな]も[なんちゃって]も同じことなんです。
軽く言ってみて、取り下げる、その主張に賛同するかしないかはあなたの自由。
誘導のしかたは同じなんですよ。

みたいなとなんちゃっては同じ、なぁんちゃって
みたいなとなんちゃっては同じ、みたいな

ねぇ、同じでしょ。

広島ブログ

« しぇるぱ風土記の入れ替え完成 | トップページ | 出雲海岸、稲佐の浜からキララ多伎の浜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しぇるぱ風土記の入れ替え完成 | トップページ | 出雲海岸、稲佐の浜からキララ多伎の浜 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30