無料ブログはココログ

« 帰朝報告 | トップページ | 伊藤園、永谷園 »

2015年6月 3日 (水)

埋れた牙

「埋れた牙」堂場瞬一 講談社
瀧は、父が脳梗塞で倒れたので、警視庁捜査一課から地元の警察署に戻った。
リハビリのバックアップをするつもりなのだ。
大学時代の友人から相談があった。姪が行方不明だ。
抱えている案件もないし、専従で担当することになる。
鍛えるために新人の女子警官が付けられた。
この子、場を読むことができない、真っ直ぐすぎる傾向にある。
調べているうと、10年毎に若い女性が姿を消すことが判って来た。
これで3人目だ。
解決に当たって、その女子警官が大活躍、真っ直ぐすぎるのもええもんだ。
署長や課長を突き上げる場面もあるし、シリーズ化されるとええな。

読書メーター

広島ブログ

« 帰朝報告 | トップページ | 伊藤園、永谷園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰朝報告 | トップページ | 伊藤園、永谷園 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31