無料ブログはココログ

« 脚が攣った | トップページ | 風呂をたてる »

2015年6月21日 (日)

先生のお庭番

「先生のお庭番」朝井まかて
熊吉は15歳でシーボルトの庭園の園丁に雇われた。長崎出島にそれはある。
ふぃりっぷ、ふらんつ、ぱるたざある、ふぉん、ずぃーぼると、お滝はシーボルトの奥方なのだ。
熊吉はコマキと呼ばれている。懸命に庭園の庭木の手入れを続けた。
シーボルトからりっぱなお庭番と認めてもらった。
読み前には、お庭番とは、はて、隠密の意味だがな、と首をかしげて読み始めた。
本当にお庭番の意味が込めてあったのだ。
シーボルトは密かに日本の地図を集めていた。
幕府は不審に思い、関係者を取調べ、熊吉も一味かと牢に入れた。
物語紹介はここまで、この先は語らないでおきます。

読書メーター

広島ブログ

« 脚が攣った | トップページ | 風呂をたてる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚が攣った | トップページ | 風呂をたてる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31