無料ブログはココログ

« クレジットカードの後始末 | トップページ | Google Map とお付き合いするには »

2015年8月19日 (水)

可部峠の北から、可部冠山、これで3回目

長助茶屋跡がここ、ここで大正末期まで営業していたのだ。江戸時代ならともかくも、明治、大正まで客があったとは驚きだね。
林道はまだまだ続く。可部峠へと植林の中を石州街道が伸びているのだが、林道は冠山の北の麓に沿って進んで行っている。2006年にはそのような道はなかったぞ。
植林の中を進んで、ここが可部峠、ここが分岐のポイントなのだ。
つもりでは、ここから稜線沿いに小掛山を経て備前坊山に向かう予定だった。林道歩きに時間を消費してしまった。今から向かっても帰りには日が暮れてしまうことだろう。
切り開きの道がある、小掛山コースと案内がある、ということを確認して、予定を変えよう。冠山に登ろう。
冠山と名前のように、山頂をつまんで伸ばしたようで、傾斜はぐんと増しているのだ。山頂手前に岩場があってそこを乗り越える。
ここが可部の冠山、小掛山が見えて、中倉峠を挟んで、備前坊山が見えている。
目を転じると、可部の市街地も見えている。背後には、海見山が見えているのだが、梢が邪魔して頂上部分しか見えていない。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは、一部分の抜書きです。
全部の姿は下のリンクからお出で下さい。

http://sherpaland.net/report/kabe-kammuri3.html

広島ブログ

« クレジットカードの後始末 | トップページ | Google Map とお付き合いするには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレジットカードの後始末 | トップページ | Google Map とお付き合いするには »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31