無料ブログはココログ

« 抱き合わせ販売 | トップページ | 宗匠 »

2015年8月 7日 (金)

ねじまき片想い

「ねじまき片想い」柚木麻子 東京創元社
浅草の老舗のおもちゃメーカー、富田宝子はそこの社員なのだ。
外部デザイナー、西島を思い詰めている。
上品なラブストーリーなのだ。
展開は推理小説、宝子が謎を解くのが小説の展開なのだ。
前に読んだ「伊藤くんAtoE」にもあったフレーズだが、[押し倒せ]
[ぼく、処女は重荷なんです、もっと軽い方がいい]
ううむ、話しの運びは上品なのに、読者になんちゅうことを推奨しているんだろう。
ラスト、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、判断を読者に預けている。
単なるラブストーリーじゃないところがよろしいね。
サポートする脇役が多士済々で、ひとりひとりが主役であってもおかしくないね。

読書メーター

広島ブログ

« 抱き合わせ販売 | トップページ | 宗匠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 抱き合わせ販売 | トップページ | 宗匠 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31