無料ブログはココログ

« メガネと補聴器 | トップページ | 外国人の日本観光 »

2015年8月12日 (水)

私にふさわしいホテル

6話の短編集、私にふさわしい○○
順番に、ホテル、デビュー、ワイン、聖夜、トロフィー、ダンス、これらの言葉が埋まります。
ヒロインは、中島加代子、ペンネームを、最初は相田大樹、名前を変えて有森樹李。新人小説家です。
ライバルがいます、東十条宗典、初老の小説家です。
この二人、ものの弾みで不倶戴天の敵になってしまいました。
トムとジェリーのような展開です。
そうです、文壇での楽屋話みたいな運びです。
読後感は爽やかなんですがね。
爽やかにしては沈殿物が多い。どんな業界でも生き延びるのは大変だ。トップを張るには智慧と度胸が必要なようです。

読書メーター

広島ブログ

« メガネと補聴器 | トップページ | 外国人の日本観光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メガネと補聴器 | トップページ | 外国人の日本観光 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31