無料ブログはココログ

« 広島風お好み焼き | トップページ | 教授 客員教授 特任教授 »

2015年9月 8日 (火)

強襲 所轄魂

「強襲 所轄魂」笹本稜平 徳間書店
所轄魂シリーズ三作目です。父は警部補、所轄勤務、息子はキャリアで警視、これは変わりません。
立てこもりがあった。立てこもったのは、元警官、SAT(刑事部)、大量の爆弾を抱えています。
彼は過去、立てこもり犯を射殺したことがあります。
正当防衛で処理されましたが、真実の経過を曝すよう警察に要求しています。
SIT(警備部)が出張って、強行突入して射殺してしまうことを試みます。
警備・公安対刑事部の争いになります。
なぜそれほど無力化・射殺を試みるのか。
警察OBの政治家が絡んできます。
勧善懲悪、予定調和で終わります。
それでええんだよ。警察小説で悪が栄えてはとんでもないことになる。

読書メーター

広島ブログ

« 広島風お好み焼き | トップページ | 教授 客員教授 特任教授 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島風お好み焼き | トップページ | 教授 客員教授 特任教授 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31