無料ブログはココログ

« トイレの深さ | トップページ | NHK、最近気になる放送用語 »

2015年10月14日 (水)

黄金の時

「黄金の時」堂場瞬一 文芸春秋
父が死んで、息子は遺品の整理にかかる。
PCの中のメールを読むと、父はアメリカで1Aで野球をやっていたことを知る。
父は祖父と不仲で、逃れるためにプロ野球の世界に飛び込んだのだ。
息子も父と不仲だった。父の意に反して作家と言う職業を選択した。
作家としては、事実を知りたい、経過を知りたい。アメリカに渡る。
語り手は息子だが、この小説の主人公は父なのだ。
1Aという世界は、メジャーに登るステップに過ぎないのだ。
その中で、父は勝つための野球、チームプレーを目指す。
父は夏の三ヶ月だけプロの世界に身を置いて、普通の世界に戻って行く。
祖父と父の対立、父と息子の対立、それもええよなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« トイレの深さ | トップページ | NHK、最近気になる放送用語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トイレの深さ | トップページ | NHK、最近気になる放送用語 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31