無料ブログはココログ

« 広島島根県境、瑞穂インターから来尾峠 | トップページ | 激似 »

2015年10月19日 (月)

世界の辺境とハードボイルド室町時代

「世界の辺境とハードボイルド室町時代」高野秀行、清水克行 集英社インターナショナル
[謎の独立国家ソマリランド][恋するソマリア]の著者、高野秀行
[喧嘩両成敗の誕生]の著者、清水克行
ふたりの対談の本。
辺境の生き方は室町時代と似ている、これが対談のテーマです。
そればっかりじゃないよ。
辺境と室町時代との比較はぶどうの房のように一貫しているんだが、ぶどう一粒一粒の雑談トリビアが非常に興味深い。
知的好奇心を刺激されて、次から次へとページをめくりたくなる。
学術書は、検証して検証して、うるさいほど論理を詰めて書いてあるが
対談本は、思うところをズバズバ語るので、言い切ってしまうところがええとこです。

[謎の独立国家ソマリランド][恋するソマリア]はすでに読んでいます。
次は、[喧嘩両成敗の誕生]を読まなくちゃ。

読書メーター

広島ブログ

« 広島島根県境、瑞穂インターから来尾峠 | トップページ | 激似 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島島根県境、瑞穂インターから来尾峠 | トップページ | 激似 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30