無料ブログはココログ

« ジミヘン | トップページ | 南東の風、南東の潮流 »

2015年10月11日 (日)

広島島根県境、三坂峠、大朝ICから瑞穂ICを往復

猪子山の右側の稜線が下がっていて、そこに三坂峠があります。
民家が尽きたあたりで高速道路の高架を潜る。高速道路は直ぐに猪子山トンネルに入って行くのだよ。
漕いで行って、漕げます、じゅうぶん漕げる。三坂峠は相当に高度を下ろしているのだ。傾斜はきつくはないが、トロトロと坂道がどこまでも続いて行く。
峠にあるのはトンネルではない。半円形の構造物で、スノーシェッドと言います。要するに雪避けです。
雪崩に備えるのではなく、峠は雪だまりになり易い。雪だまりでタイヤを取られては車が立ち往生するので、トンネル状にして雪を避けているわけです。
スノーシェッドの中はGPSの電波が通る。中央部分は鉄ではなくプラスチックで覆ってあるので電波が遮られることはないのだ。GPSの軌跡が途切れる、という事態が避けられて、良かった、良かった。
スノーシェッドを抜けると、島根県、邑南町の看板が出迎えてくれる。
お蓮勘兵衛の墓がある。浜田藩の武士の妻が召使いと出来てしまって、逐電する、夫は追いかけて、ここで討たれた、里人が、哀れだなぁ、ということで、墓を建ててやる。
ええ話しというべきか、悪い話として教訓にすべきか、判断に困るお話しだよね。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは一部分の抜書きです。全体の姿は下のリンクから見て下さい。

http://sherpaland.net/bike/2015/bike-151010-kenkyo_misaka/bike-151010-kenkyo_misaka.html

広島ブログ

« ジミヘン | トップページ | 南東の風、南東の潮流 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジミヘン | トップページ | 南東の風、南東の潮流 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31