無料ブログはココログ

« 陸奥(みちのく) | トップページ | ノートンによる駆除 »

2015年11月10日 (火)

与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記

「与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記」澤田瞳子 光文社
ここは東大寺の大仏を造営する現場です。
大勢の仕丁(しちょう)が国々から夫役(ぶやく)として懲されている。
造仏所の炊屋(かしきや)の飯はうまいと他の現場に鳴り響いている。
最初からの登場人物は、美濃の真盾(またて)近江の鮠人(はやと)石見の小刀良(ことら)
炊屋の炊頭(かしきがしら)は宮麻呂(みやまろ)仕丁頭が猪養(いのかい)
この面々でお話しを展開します。
大仏建立を志したのは、首(おびと)(聖武)天皇の発願によるものです。
行基が勧進して人材浄財を大仏に捧げています。
行基と宮麻呂とはかって何かの関係があったものらしい。それがお話しの芯になります。
日暮らし、日ごよみ、大仏造営の現場にはいろいろあるもんです。
それがお話しの芯をいろどります。

読書メーター

広島ブログ

« 陸奥(みちのく) | トップページ | ノートンによる駆除 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸奥(みちのく) | トップページ | ノートンによる駆除 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31