無料ブログはココログ

« 虚国 | トップページ | ふるってごおうぼください »

2015年11月 2日 (月)

10月に読んだ本

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1706ページ
ナイス数:43ナイス

用心棒血戦記用心棒血戦記感想
浪人がやくざの抗争に助っ人に出る、そんなお話しだろうと、気軽に手に取りました。違った、某藩のお家騒動でした。次席家老が自分の息子を藩主の息女に婿入りさせる。それに対抗して、対抗勢力は藩主の弟家から養子をもらう。その若君を暗殺しようとする、片や、必死に守る。そんな戦いに雇われて助っ人する、そんなお話しでした。ムチャクチャな設定だな。ありそうもないお話しが繰り広がっていて、ま、読み続けることは読み続けましたがね。ちょっとツライ。マンガ劇画の原作者に転進したらいかが。テレビゲームの構成作家に転職したらいかが。
読了日:10月28日 著者:鳥羽亮

猟師になりたい!猟師になりたい!感想
著者は、東京でミニ雑誌を編集出版し、モノカキでもある。東京を脱出し、信州に移住した。仕事の本拠は東京にあるので、妻と娘は松本に残し、金帰月来、週末は松本に帰っている。山が近いので、猟銃を撃ってみたくなる。狩猟免許を取った。講習通い、試験を受けるくだりなど、笑ってしまう筆のさえだ。空気銃を買った。平日は本人は東京にいるので、松本の自宅に散弾銃、ライフル銃を置くことは危険きわまりない。たかが空気銃なのに結構なお値段がするのだ。中古を安く手に入れた。猟師初年度、一羽も回収できなかった。二回ほど当たったが、傷を負
読了日:10月26日 著者:北尾トロ

喧嘩両成敗の誕生 (講談社選書メチエ)喧嘩両成敗の誕生 (講談社選書メチエ)感想
筆者は、学術書ではなく、一般書として書いた、と述べているが、いえいえ、かなりな教養書です。室町時代の民法・刑法、訴訟法について述べたものです。室町時代のひとびとは、現代人よりはるかに誇り高く激越だった、彼らの公平を求める心は今以上でした。天下の法として、喧嘩両成敗の基準があります。もちろん、武士と召使いの間には差があり、両者の平等を求めるものではありませんでした。室町殿には、裁定を下したい意識があり、喧嘩両成敗とは違う基準で裁判をしたがりました。室町殿から秀吉の世になり、喧嘩両成敗基準より、行政の裁判が勝
読了日:10月25日 著者:清水克行

世界の辺境とハードボイルド室町時代世界の辺境とハードボイルド室町時代感想
[謎の独立国家ソマリランド][恋するソマリア]の著者、高野秀行、[喧嘩両成敗の誕生]の著者、清水克行、ふたりの対談の本。辺境の生き方は室町時代と似ている、これが対談のテーマです。そればっかりじゃないよ。辺境と室町時代との比較はぶどうの房のように一貫しているんだが、ぶどう一粒一粒の雑談トリビアが非常に興味深い。知的好奇心を刺激されて、次から次へとページをめくりたくなる。学術書は、検証して検証して、うるさいほど論理を詰めて書いてあるが、対談本は、思うところをズバズバ語るので、言い切ってしまうところがええとこ
読了日:10月19日 著者:高野秀行,清水克行

黄金の時黄金の時感想
父が死んで、息子は遺品の整理にかかる。PCの中のメールを読むと、父はアメリカで1Aで野球をやっていたことを知る。父は祖父と不仲で、逃れるためにプロ野球の世界に飛び込んだのだ。息子も父と不仲だった。父の意に反して作家と言う職業を選択した。作家としては、事実を知りたい経過を知りたい。アメリカに渡る。語り手は息子だが、この小説の主人公は父なのだ。1Aという世界は、メジャーに登るステップに過ぎないのだ。その中で、父は勝つための野球、チームプレーを目指す。父は夏の三ヶ月だけプロの世界に身を置いて、普通の世界に戻って
読了日:10月14日 著者:堂場瞬一

太閤の巨いなる遺命太閤の巨いなる遺命感想
関ケ原で西軍の小西家は敗れて、彦九郎は商人となり、入り婿して、肥後屋彦九郎と名乗る。同じ境遇の入り婿がアユタヤ行方知れずになり、探しに来る。日本人の消息を求めて、印度洋アンダマン海の無人島に上陸する。そこには巨大なガレオン船が浮かんでいた。秀吉が生存中に、黄金を出して南蛮船を建造するように命じていた、その船が建造されたのだ。船頭は日本人でも、乗組員はポルトガル人が多く、ポルトガル人から操船を学んでいるのだ。徳川幕府は大阪を攻めるのが間近となっている。太閤の遺命で、江戸に回航して江戸城を攻めるか大阪城に上陸
読了日:10月7日 著者:岩井三四二

読書メーター

« 虚国 | トップページ | ふるってごおうぼください »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虚国 | トップページ | ふるってごおうぼください »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31