無料ブログはココログ

« いやぁ、雪だ、雪だ | トップページ | 甘味、酸味、塩味、苦味、うま味 »

2015年11月27日 (金)

砂の街路図

「砂の街路図」佐々木譲 小学館
びっくりしたぁ。とれも北海道警察の佐々木譲の作品と同じ系列とも思えない。
父が死に、母が死んだ。
父が死んだのはまだ12歳のころ、あれから20年が経過した。
母が死に、父が亡くなった状況を尋ねに、郡府の街に来た。
郡府とは、札幌でも小樽でもなく、架空の街なのだ。
国立の法科大学があって、父も母もそこの卒業生なのだ。
なんだか小樽の街をコピーして、架空の街を作っているようにみえる。
父は漕艇部のOBだった。しかし、2年で漕艇部を退部している。
漕艇部の関係者の葬儀に出席して、その夜、運河に落ちて水死している。
漕艇部は、一時は全日本で優勝したのだが、翌年から活動は下火になり、部員も激減している。
そのへんの事情を関係者に聞いても、誰も口を開かない。
段々と真相が明らかになってきます。

読書メーター

広島ブログ

« いやぁ、雪だ、雪だ | トップページ | 甘味、酸味、塩味、苦味、うま味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いやぁ、雪だ、雪だ | トップページ | 甘味、酸味、塩味、苦味、うま味 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31