無料ブログはココログ

« こんなに値段が違う | トップページ | 陸奥(みちのく) »

2015年11月 9日 (月)

ガーミンGPSの進化に対応すべし

旧世代のガーミンGPSはアメリカの人工衛星しか受信できませんでした。
今の世代のガーミンGPSはアメリカ・ロシア・日本の人工衛星も受信できます。
これによって、標高の情報が格段に信頼できるようになりました。

旧世代のGPSからPCにデータを転送するには
「GPSの高度を使う」ここにチェックは入れませんでした。
頻繁にゴースト電波を受信するので、高度情報については信頼できないのが実情でした。

新しいGPSではそのようなことは考慮する必要はないと思えます。
「GPSの高度を使う」ここにチェックを入れることにします。
今後は、GPSが獲得した高度を利用するつもりです。

実は、GPSだけではなく、地図の方にも問題があるのです。
新しい道が出来ていても地図にはなかなか反映されません。
谷を跨ぐ橋を渡るのに、地図に投影すると、橋の上ではなく、谷底を進んでいるように表現されます。
ダムの堰堤を進んでいるのに、地図では堰堤の底にいると表現されます。
登山のコースではひたすら地面を歩くので問題はありませんが、自転車の軌跡ではよくあることです。
橋や堰堤などでは、その度に、高度を編集して、かなり補正を入れて使っていました。
シコシコと書き換え作業を丹念にやっていました。

つい最近の2回分、新しいGPSを使いながら以前のやり方を踏襲していました。
GPSが新しくなっても、なかなかこれまでの癖は変えられないもんです。

次からは、新しいGPSが獲得した軌跡・標高をそのまま使うつもりです。
谷間に架かる橋を渡る空中コースを行くつもりです。
どんなログが獲得できるか楽しみです。

大きく螺旋のループを描く奥出雲おろちループですが、編集するのが面倒、と避けていました。
しまなみ海道でも、橋の上の高度をキャッチしているとは限りません。海面かもしれません。
二次元の位置関係なら地図は正しいが、三次元なら怪しいだろうと疑うべきです。
新しいGPSならこんな場所でも充分対応できるはずです。
次回に行くのはここではありませんが、いずれここを自転車で通ってみるつもりです。

広島ブログ

« こんなに値段が違う | トップページ | 陸奥(みちのく) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなに値段が違う | トップページ | 陸奥(みちのく) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31