無料ブログはココログ

« バンドル版か、購入版か | トップページ | 建築の足場 »

2015年12月25日 (金)

大村智 2億人を病魔から守った化学者

ノーベル賞受賞をあてこんだキワモノ出版かと思っていました。
違った、初版が2012年で、むしろ受賞を後押しするような内容でした。
なるほど、今までの学者の枠にはまらない学者なんですね。
外国の製薬会社から資金援助を受け、特許を完成させる。
その特許を資金援助会社に提供して、売り上げのロイヤリティを得る。
大村方式と呼ばれるモデルケースを誕生させました。
最初は大村研究室に資金が入る。
契約を変更して、北里研究所、北里大学に資金が流れるように変更する。
これでは、経営者としての活躍が期待されるのは当然です。
そういう活躍の筋道がとてもよく判りました。

読書メーター

広島ブログ

« バンドル版か、購入版か | トップページ | 建築の足場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バンドル版か、購入版か | トップページ | 建築の足場 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31