無料ブログはココログ

« ネットの半分しか開きませんでした | トップページ | テストでXPを使ってみた »

2015年12月17日 (木)

うずら大名

「うずら大名」畠中恵 集英社
若いころ、不動下道場に通っていた。
門弟は次三男が多かった。誰もが婿養子を望んでいた。
吉也は村名主の豪農に婿養子入りした。今では吉之助と名前を変えた。
同じ門弟に有月がいた。今は養子入りして大名となっている。
甥に藩主の座を譲って、大殿、隠居の身分である。
そなた、大名貸しをせぬか。
大名に金を貸すことになった。
有月が愛玩しているのが、佐久夜、よく馴れた鶉なのだ。
いつもは、ぽぽぽと鳴くのだが、時折、御吉兆、と声を張って鳴く。
いやぁ、ええキャラクターを創作したねぇ。
畠中恵、あやかし、つくも神、若旦那などのキャラクターを作ってきたが、このキャラクター立ては斬新で、面白い、他に類を見ない。

読書メーター

広島ブログ

« ネットの半分しか開きませんでした | トップページ | テストでXPを使ってみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットの半分しか開きませんでした | トップページ | テストでXPを使ってみた »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30